カバノアナタケ茶


カバノアナタケ茶はがんを抑える働きが有ります!!


    

カバノアナタケ茶

カバノアナタケ(チャーガ)は癌を抑える

癌治療で力を見せ付けるカバノアナタケ

カバノアナタケ茶は何世紀にも渡って飲み継がれて来た

カザフスタンでのチャーガ調査報告書

カバノアナタケはサルノコシカケと親戚関係

O-157から救うカバノアナタケ茶

リンク

ゴルフ上達はゴルフ上達の秘訣から





癌を抑える
カバノアナタケ茶



クレジットカード
の選び方


カバノアナタケ茶

ガンを防ぐ果物

ガンを防ぐ飲み物

がんの予防にいい食品

塩分のとり過ぎに注意

緑茶はがんを予防

がんにならない理想的な水分補給割合

良い水は健康にとっても大事

食生活によるがん予防のための12ヶ条

食物繊維は癌を防ぐ

ミネラル不足で癌になる

発がん物質

肺がん死亡率は急伸


 塩分のとり過ぎに注意

食べ過ぎない

カロリーのとり過ぎ+運動不足は肥満のもと。

肥満は、

がんを始め動脈硬化や糖尿病などの発生率を高めてしまう。

1日のカロリー摂取量は成人男性で2500kcalといわれるが、

特に身体を動かすような仕事を していない人なら2200kcal、

現在肥満気味の人は1800〜2000kcalくらいを目安にしよう。





 塩分のとり過ぎに注意

栄養バランスのとれた変化のある食事

一般的に、がんの原因は高脂肪摂取、がんを防ぐのは野菜類といわれている。

多くのサラリーマンの食生活の現状と理想とはまったく逆のパターンなのである。

健康を考えれば忙しいとばかりも言っていられない。

事務職の男性の場合、1日のたんぱく質摂取の目安は、乳製品250g、たまご1個、肉や魚が120g、豆製品80g。

一方、野菜類は1日最低、淡色野菜200g、緑黄色野菜100g、芋類100g、果物200gはとるようにしよう。

また、毎日肉類ではなく、週3〜4回は魚のメニューにするなど献立に変化をつけることも大切だ。




 塩分のとり過ぎに注意

塩分のとり過ぎに注意

胃がんの原因のひとつが塩分のとり過ぎだといわれている。

健康な人で1日10g、高血圧気味の人なら1日8gくらいが限度だと考えよう。

食卓で塩やしょうゆを使用しない、香辛料を利用して香りを楽しむなど減塩の工夫をしてみよう。

■1日3食・規則正しく

不規則な食生活は胃がんの原因のひとつ。

夕食が深夜になったり、朝食を抜いたりといった食生活はがんだけでなく他の生活習慣病のもとにもなる。

また、朝は軽く夜は重くといったカロリーバランスも考えモノ。

忙しくて夕食時間が遅くなる人は、こういった3食のバランスも見直してみよう。






カバノアナタケ茶


ゴルフダイジェスト・オンライン



リンク

バレッタのお店fortune

ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースの
インフォカート


 





但馬牛の
中村精肉店


コウノトリ但馬空港北側【金左ヱ門】
(郷土懐石料理)


シャネルの選び方

カルティエのリング


無料ブログの作り方

癌になる要因

活性酸素

植物性食品によるがん予防

バナナを食べると免疫機能が高まる

キャベツはがんの特効薬

ブロッコリーは活性酸素の害を抑える

ニンニクにがん予防成分含まれる

病気のときモロヘイヤのスープを

お茶はがん細胞の増殖を抑える

ゴマにがんの抑制効果が有る

もずく・ひじきはがん細胞自滅

牛乳は大腸がんの発生や転移を防ぐ





    







Copy rights (c) 2016 カバノアナタケ茶All Rights Reserved