カバノアナタケ茶


カバノアナタケ茶はがんを抑える働きが有ります!!


    

カバノアナタケ茶

カバノアナタケ(チャーガ)は癌を抑える

癌治療で力を見せ付けるカバノアナタケ

カバノアナタケ茶は何世紀にも渡って飲み継がれて来た

カザフスタンでのチャーガ調査報告書

カバノアナタケはサルノコシカケと親戚関係

O-157から救うカバノアナタケ茶

リンク

ゴルフ上達はゴルフ上達の秘訣から





癌を抑える
カバノアナタケ茶



クレジットカード
の選び方


カバノアナタケ茶

(本名・家鋪隆仁)

大阪流を貫いた最後のスター

たかじんのそこまで言って委員会

いい酒の飲み方をする人
食道がんの治療後芸能活動を再開

やしき・たかじんさんが死去

芸が円熟していくころだけに残念

関西を代表する人気司会者

情報ライブ ミヤネ屋
ちょ〜飲みに行ってくるわ
たかじんさんの偉大さ

“たかじん”ファミリー

ラジオやテレビなどでも軽妙なトーク

北新地での“武勇伝”

北新地



 たかじんさんの偉大さ

今月3日に亡くなったやしきたかじんさん(64)が、妻に発した最期の言葉は「ちょ〜飲みに行ってくるわ」だった。

 11日正午から放送された関西テレビ「たかじん胸いっぱい」の中で明らかにされた。

 たかじんさんは94年から同番組司会を務めており、最後まで担当していた3レギュラーの中でも、最も長く続いてきた番組。

昨年秋、再々婚した32歳下の夫人が、番組に「ぜひ、紹介してほしい」と最期の言葉を伝えていた。





 たかじんさんの偉大さ



 また、昨年2月17日に携帯電話へ録音されたたかじんさんの生歌も番組内で披露された。

録音されたのは昨年3月の食道がん手術からいったん復帰する1カ月ほど前で、休養先のハワイで撮影された映像とともに歌声が流れた。


 タレントで歌手のやしきたかじんさん(享年64)の訃報から一夜明けた8日、たかじんさんを慕っていたフリーアナウンサー辛坊治郎氏(57)は、11年の大阪府知事・市長ダブル選で、たかじんさんから“出馬お願い”を受けていたことを明かした。

「僕は期待に応えられなかった。

受ける強い覚悟は僕にはありませんでした」。

大阪を活気づけようとした、たかじんさんに応えられなかった後悔の念をのぞかせた。

「まだ死んでない。まだ、その辺から顔を出しそうな気がします」。

あふれる涙をぬぐい「本当に亡くなったとするならば、もういっぺん会いたかった」と話した。






 たかじんさんの偉大さ

 たかじんさんの偉大さを「こんだけむちゃくちゃ言うてるようで、裁判沙汰までいったのは1件だけ。

乱暴な言葉が繊細な精神に裏打ちされているから」と振り返る。

かつて、たかじんさんとコンビで進行した読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」12日放送分(10日収録予定)に辛坊氏も出演予定。





カバノアナタケ茶


ゴルフダイジェスト・オンライン



リンク

バレッタのお店fortune

ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースの
インフォカート


 





但馬牛の
中村精肉店


コウノトリ但馬空港北側【金左ヱ門】
(郷土懐石料理)


シャネルの選び方

カルティエのリング


無料ブログの作り方





    







Copy rights (c) 2016 カバノアナタケ茶All Rights Reserved