免疫力を高めるカバノアナタケ

カバノアナタケ茶・石鹸

カバノアナタケ茶
カバノアナタケ石鹸
樺のあな茸茶
樺のあな茸石鹸

  

    


免疫力を高めるカバノアナタケ


「余命数ケ月」と診断された癌患者が、数年たった今も元気に生活している。

しかも、外科手術や化学療法を行なわずに、癌が治癒してしまったという話は世界のいたるところで聞かれる。

これは、単なる奇跡ではない。

正しく言えば、何らかの理由で免疫機能が高まり、自らの力で癌を撃退することができるようになった、ということなのだ。

そして「何らかの理由」は、免疫を活性化させる免疫賦活剤にある場合いが多い。

中には、特別な免疫賦活剤を使用せずに奇跡が起こってしまったケースもあるが、探っていけば大抵の場合は何かにたどりつく。

免疫賦活剤でなければ、それは、日常的に摂取していた食材かもしれない、あるいは精神的な面から免疫力が活性化した可能性も考えられる。

実際に、笑いに代表される肯定的な感情は、免疫力を高めることがわかっている。

ただし、意識的に免疫力を活性化させるためには、やはり免疫賦活剤の力を借りるのが早道と言えるだろう。

そして、前に述べたように、外科療法、放射線療法、化学療法の三大療法と、免疫療法を併用していくのも、非常に有効な手段である。

抗癌きのこを代表すアガリクスを例にとると、「服用によって抗癌剤などによる副作用が軽減された」というケースが非常に多く報告されている。つまり、アガりクスを免疫賦活剤として使用することにより、嘔吐や食欲減退、倦怠感などの症状が軽減され、「癌と前向きに戦っていこう」という精神的なプラス効果が得られるのだ。

風邪や胃腸の具合が悪くて物が食べられないとき、とたんに気力体力が一気に低下してしまった経験は誰にでもあるだろう。

それほど、食欲は生きる力を左右する。

そして、食べなければ、いくら意識しても免疫力はそう簡単には上げられない。

食欲を改善することは、免疫力を高めるための第一歩と言っていいだろう。



カバノアナタケは、今後さまざまな形で癌治療に携わっていく


そして、ロシアの医療現場で免疫賦活剤として使用されているカバノアナタケも、同様の効果が得られることがわかっている。

長くカバノアナタケ研究を続けている第一レニングラード医学研究所では、手術もできないほどの末期癌患者の多くがカバノアナタケを服用して食欲が復活した。

しかも、苦痛が和らぐ、体重が増えるといったうれしい変化も起こり、ほとんどの患者が延命期間を伸ばすことができている。

カバノアナタケは明らかに免疫力を向上させ、患者自身が戦う力、つまり自然治癒力を高め、西洋医学的には説明のつかない奇跡を起こしたのだ。

プロローグで触れたソルジェニッィンの「癌病棟」のなかにも、患者同士が自然治癒力というのもに期待を寄せ、語り合う一文がある。

一人の患者が、病室解剖学の本を取り上げ、その内容について、興奮気味に語る。

「これに書いてあるんだけれども、腫瘍の進行の仕方と中枢神経の活動との関連性は、まだほとんど解明されていない。

ところがこの両者には驚くべき関連性があるんだ! ここにはっきり書いてある」

そして、本のなかにその行を探し当てた患者は、「稀ではあるが、自然治癒の症例も見られる。

この意味がわかるか。治癒じゃないんだよ。自然治癒だ! どうだい」

そして、「これはつまり、原因は不明だが、とつぜん腫瘍が逆方向に進行し始めるということだ!腫瘍は小さくなり、縮まり、やがて全然消えてしまうー・どうだい」と自然治癒というものを他の患者らに説明する。

「癌病棟」で「自然治癒を促すきのこ」として取り上げられたカバノアナタケは、確かに「腫瘍の逆方向の進行」をかなえる力を持っている。逆方向の進行は、つまり免疫力が向上し、癌細胞と自ら立ち向かぅ力が宿ったことを示している。

科学的にもその効果が認められたカバノアナタケは、今後さまざまな形で癌治療に携わっていくことになるだろう。



きのこ類には免疫機能をバランスよくコントロールする働きがある


21世紀には、ますます癌人口が増えることが予想される。

また、今後新たな難病や未知の細菌やウィルスが出現し、突如として猛威を奮う可能性も高い。

医学は進歩しても、従来の治療では太刀打ちできない病気がまた後を追ってくる。

たたいてもたたいても、この世から病気を根絶することなど所詮無理なのだ。

さらに、環境ホルモンや大気汚染といった、地球環境に関わる数々の問題が山積みになっている。

そんな時代に、健康で長寿をまっとうすることは、並大抵なことではない。

しかし、免疫力を強化しておけば、癌や細菌ウイルスの攻撃もかわしながら、逼しく生き抜いていくことができるだろう。

そのために欠かせないのが抗酸化物質をたっぷり合んだバランスのいい食事であり、規則ただしライフスタイルであることは言うまでもない。

そして、カバノアナタケのように免疫賦活作用の高いきのこ類を普段の生活のなかに取り入れることで、健康効果は高まるだろう。

免疫力は過敏すぎてもアレルギー症状などを発症してしまう。

つまり、適度なバランスで働くことが大切である。

そして、きのこ類には免疫機能をバランスよくコントロールする働きがあるのだ。



カバノアナタケ茶・石鹸販売


癌を抑えるカバノアナタケ茶・石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶販売カバノアナタケ茶(国際グラフに掲載)癌治療で力を見せ付けるカバノアナタケカバノアナタケ茶はアレルギー性皮膚炎や慢性肝炎・腎炎までも予防改善するカバノアナタケは糖尿病の血糖値を下げる癌を抑えるカバノアナタケお肌がツルツルになるカバノアナタケ石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶・カバノアナタケ石鹸販売末期癌患者がカバノアナタケで延命を果たした胃潰瘍の癌化を100%抑制したカバノアナタケ咽頭癌に効いたカバノアナタケの噴霧剤乾癬と内臓疾患を同時に抑えたカバノアナタケ子宮頸管の腫瘍細胞の成長を抑制するカバノアナタケカバノアナタケ人気の背景にあるロシアの医療事情西洋医学と自然医学が手を結ぶ21世紀の医療カバノアナタケはカバノキの樹木エキスを栄養源としているカバノアナタケの黒い塊は栄養の宝庫カバノアナタケ茶は何世紀にも渡って飲み継がれて来たカザフスタンでのチャーガ調査報告書カバノアナタケはサルノコシカケと親戚関係O-157から救うカバノアナタケ茶SOD様活性が高いカバノアナタケアレルギー性皮膚炎に効くカバノアナタケ免疫力が強いと細菌やウイルスが感染しないエイズ患者のエイズウイルスを消したカバノアナタケ茶カバノアナタケの有効成分や抗ガン作用が具体的に解明カバノアナタケとサルノコシカケは親戚関係ガンキラーのNK細胞の働きについてカバノアナタケから生成される色素メラニンカバノアナタケの抗オキシダント効果2カバノアナタケの抗オキシダント効果カバノアナタケの抗癌作用を実証した日本での研究カバノアナタケに秘められたパワーカバノアナタケの色素生成と酵素活性に対してカバノアナタケの特効成分カバノアナタケはエイズウィルスに対しても有効カバノアナタケはなぜガン細胞の働きを抑制カバノアナタケはなぜ免疫力を高めるのかカバノアナタケ特効の秘密を解く有効成分の数々メラニンには、強力な抗酸化作用があるメラニンはSODと並ぶ強力な抗酸化物質りグニン分画活性酸素はどのような原因で発生するのか活性酸素を除去するSODの正体癌撲滅への希望の研究癌免疫療法抗癌剤としてのカバノアナタケの展開抗酸化物質を多く含む食品高濃度の酸素のもとでは酸素が過激な酸素=活性酸素へと変身糖尿病の体質改善にカバノアナタケが一役毒をもって毒を制すカバノアナタケ免疫機構とガン細胞との戦い免疫部隊と癌細胞の戦い免疫力を高めるカバノアナタケ


    

有限会社ジェックス
〒651-1143 神戸市北区若葉台1丁目4番10号
TEL/FAX 078-593-3532(メールでご対応させて頂きます。)   
 メールアドレス:yfuji3@gmail.com
Copyright (C) 2016 JECS All Rights Reserved.