免疫部隊と癌細胞の戦い

カバノアナタケ茶・石鹸

カバノアナタケ茶
カバノアナタケ石鹸
樺のあな茸茶
樺のあな茸石鹸

  

    


免疫部隊と癌細胞の戦い


私たちは、生まれたときから体内にすぐれた免疫システムを備えている。このシステムが機能していたからこそ、今まで生きてこられたと言っていいだろう。

今この瞬間にも、あなたの体内では、免疫系と外敵との戦いが繰り広げられている可能性が高い。

目には見えないが、私たちの周囲にはカビやダニ、ウイルスなどたくさんの微生物や外敵いて、体内への侵入を狙っているのだ。

侵入経路は鼻や口、あるいは傷口などだが、もしこの経路をいつも開放していたら、外敵が体内で繁殖してえらいことになる。

そうならないのは、免疫システムのおかげだ。

侵入してきた外敵を次々追い払ってくれるから、元気でいられるというわけだ。

さっそく免疫の正体に追ってみると、外敵排除のメカニズムに深く関わっているのは免疫細胞の白血球であるド白血球の中には、それぞれ役割を持った生体防衛軍がおり、役に応じて外敵や異物を排除するための活動を続けているのだ。

話が少し複雑になるが、免疫細胞は大きく分けて穎粒細胞の「妊中球」「好酸球」「好塩基球」、単核球の「りンパ球」「マクロファージ(単球)」があり、リンパ球のなかに「T細胞」「B細胞」「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」がある。



「T細胞」「B細胞」


今、生体内に細菌などの異物が侵入したとする。

すると、さっそく異物撃退のために現場に駆けつけるのが好中球と呼ばれる攻撃部隊。

この細胞群は、常に血流にのって全身をめぐり、「悪者はいないか」と目を光らせている。

攻撃体勢に入ると2時間ほどで血中の好中球が増加し、異物が進入した場所に集合。

異物を取り囲んで処理してしまう。

つまり、好中球は生体防衛の第一陣を担っているのである。

次に現場に到着するのはマクロファージ(単球)。

血管内では単球として全身をパトロールしているが、血管外に出るとマクロファージとなり、異物を細胞に取り込んで消化分解し、無毒化してしまう。

つまり、旺盛な食欲を発揮して、外敵をパクパクと食べてしまうのだ。

そこで、またの名は「大食細胞」と言う。

さらにマクロファージは、異物の特徴を免疫情報として認識し、その情報を他の免疫細胞に伝達するという役目もある。

つまりブラックりストを渡すのである。

その際にインターロイキンーという物質を放出し、これを合図にリンパ球のT細胞が攻撃体勢に入る。

リンパ球は免疫細胞の主軸をなし、全体の90%近くを占める大所帯である。

この一群は、免疫系のなかでも、より高度な防御システムと考えていいだろう。第一陣の攻撃部隊の力が及ばない異物に対して、巧みな連携フレーで攻撃をしかける。

そのりンパ球T細胞は「キラーT細胞」「ヘルパーT細胞」「サプレッサーT細胞」という攻撃部隊に分かれている。

マクロファージから情報を受け取るのはへルパーT細胞で、攻撃が必要な異物と判断すれば、それぞれの部隊に出動命令を出す。

キラーT細胞に対しては、「異物が来たぞ。攻撃開始」B細胞に対しては、「異物の抗体を早く作成せよ」といった具合で、あの手この手を使って万全の体勢をとろうとするのだ。

キラーT細胞は、血液から細胞の方へ侵入してきた厄介な異物を徹底的に追跡し、細胞ごと殺しにかかる。

つまり、殺し屋的な役割を担っているのだ。

B細胞は、それを受けて異物の抗原を捉えるための抗体として「免疫グロブリン」というたんぱく質を作成。

これを抗原に結合させて動きを封じ込めてしまう。




ナチュラルキラー(NK)細胞


もうひとつりンパ球にはナチュラルキラー(NK)細胞という攻撃部隊が控えているが、こちらはチームプレーからはずれて単独で異物撃退に挑む。

その攻撃対象は、主にガン細胞だ。

つまり、ガン細胞に徹底して目を光らせ、発生したガンの芽を見つけてはどんどん摘み取ってしまう。

このガン専門の免疫部隊があるからこそ、私たちは一日に数千個も発生しているガン細胞から身を守ることができているわけだ。

そして最後に出番を待っているのは、サプレッサーT細胞である。

その役割は、「戦い終了」命令を出すこと。

目的の異物が撃退できたことを確認ののち、合図を送って免疫部隊の戦いに終止符を打つ。

また「新たな異物が侵入」となれば、再び免疫部隊は現場へ急行するのである。



カバノアナタケ茶・石鹸販売


癌を抑えるカバノアナタケ茶・石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶販売カバノアナタケ茶(国際グラフに掲載)癌治療で力を見せ付けるカバノアナタケカバノアナタケ茶はアレルギー性皮膚炎や慢性肝炎・腎炎までも予防改善するカバノアナタケは糖尿病の血糖値を下げる癌を抑えるカバノアナタケお肌がツルツルになるカバノアナタケ石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶・カバノアナタケ石鹸販売末期癌患者がカバノアナタケで延命を果たした胃潰瘍の癌化を100%抑制したカバノアナタケ咽頭癌に効いたカバノアナタケの噴霧剤乾癬と内臓疾患を同時に抑えたカバノアナタケ子宮頸管の腫瘍細胞の成長を抑制するカバノアナタケカバノアナタケ人気の背景にあるロシアの医療事情西洋医学と自然医学が手を結ぶ21世紀の医療カバノアナタケはカバノキの樹木エキスを栄養源としているカバノアナタケの黒い塊は栄養の宝庫カバノアナタケ茶は何世紀にも渡って飲み継がれて来たカザフスタンでのチャーガ調査報告書カバノアナタケはサルノコシカケと親戚関係O-157から救うカバノアナタケ茶SOD様活性が高いカバノアナタケアレルギー性皮膚炎に効くカバノアナタケ免疫力が強いと細菌やウイルスが感染しないエイズ患者のエイズウイルスを消したカバノアナタケ茶カバノアナタケの有効成分や抗ガン作用が具体的に解明カバノアナタケとサルノコシカケは親戚関係ガンキラーのNK細胞の働きについてカバノアナタケから生成される色素メラニンカバノアナタケの抗オキシダント効果2カバノアナタケの抗オキシダント効果カバノアナタケの抗癌作用を実証した日本での研究カバノアナタケに秘められたパワーカバノアナタケの色素生成と酵素活性に対してカバノアナタケの特効成分カバノアナタケはエイズウィルスに対しても有効カバノアナタケはなぜガン細胞の働きを抑制カバノアナタケはなぜ免疫力を高めるのかカバノアナタケ特効の秘密を解く有効成分の数々メラニンには、強力な抗酸化作用があるメラニンはSODと並ぶ強力な抗酸化物質りグニン分画活性酸素はどのような原因で発生するのか活性酸素を除去するSODの正体癌撲滅への希望の研究癌免疫療法抗癌剤としてのカバノアナタケの展開抗酸化物質を多く含む食品高濃度の酸素のもとでは酸素が過激な酸素=活性酸素へと変身糖尿病の体質改善にカバノアナタケが一役毒をもって毒を制すカバノアナタケ免疫機構とガン細胞との戦い免疫部隊と癌細胞の戦い免疫力を高めるカバノアナタケ


    

有限会社ジェックス
〒651-1143 神戸市北区若葉台1丁目4番10号
TEL/FAX 078-593-3532(メールでご対応させて頂きます。)   
 メールアドレス:yfuji3@gmail.com
Copyright (C) 2016 JECS All Rights Reserved.