免疫機構とガン細胞との戦い

カバノアナタケ茶・石鹸

カバノアナタケ茶
カバノアナタケ石鹸
樺のあな茸茶
樺のあな茸石鹸

  

    


免疫機構とガン細胞との戦い


同じように生活をしていても癌になる人ともいればならない人もいる。

その理由は細菌やウィルスのそれと同様に、免疫力の差によるところが大きい。

実は、健康な人であっても40歳くらいになると一日に3000から5000個もの癌の芽が体内で発生している。

約60兆からなる人間の細胞は常に新陳代謝を繰り返し、その過程で異常な細胞へ変異してしまうものがある。

ただし、普通は、この癌の芽は免疫機構の作用ですぐに摘み取られてしまうため、癌の発症には至らずにすむ。

癌の芽を異物と認識した免疫細胞がさっそく追放しにかかるからだ。

つまり、もぐら叩きの要領で、次から次へと癌の芽はたたかれ、たたき潰されている。

今このときにも、あなたの体内で、免疫機構と癌細胞との戦いは繰り広げられているというわけだ。

しかし、免疫力が低下し、そこに発癌を誘発する「イニシェーター(初発因子)」と呼ばれる物質が作用すると、正常な細胞が突然変異して、本格的に癌が発生してしまう。

決して脅かすつもりはないが、発癌の要因となるイニシェーターは身の回りにあふれているのだ。


たとえば、タバコの煙や排気ガスに含まれるべンッピレン、コーヒーや魚の焼け焦げた部分などに含まれるアミノ酸の一種のトリプトファンから変化したトリプP1やトりプP2などの物質は代表的なィニシェーターだ。

他にも、紫外線、放射線、そしてストレスもまた、癌の引き金となる。

つまりこれは、前章で触れた活性酸素を発生させる要因と重なる。

さらに、芽を出してしまった癌細胞の働きを促進させる物質が「プロモーター(促進因子)」と言われるものだ。

具体的には、水道水の中に含まれるトりハロメタン、食塩、輸入レモンなどに散布されている防カビ剤のOPPなどの物質がそれにあたる。

イニシェーターが植え付けた癌の芽をプロモーターが育てる。

こうして免疫機構の網をくぐりぬけた癌細胞は体内でじわじわと拡大していく。

他にも発癌物質にはさまざまなものがあり、数百種のものが今までの研究で明らかになっている。

私たちは発癌物質に取り囲まれるようにして生活しているわけだ。



癌遺伝説はほとんど否定されている


では、癌遺伝説についてはどうなのか。

これについては最先端医学ではほとんど否定されている。

癌家系というのがあるとしたら、その主な要因は、食生活をはじめライフスタイルが似ていることにある。

つまり、遺伝というよりは、後天的な生活習慣に起因しているケースがほとんどなのだ。

つまり、癌はほとんどの場合外的要因によって誘発される。

イニシェーター、プロモーターと言われる発癌物質を大量に摂取し、免疫力を低下させるような不規則な生活を続けていれば、誰でも癌になる可能性がある。

逆に言えば、発癌物質を大量にとるような生活をしていれば、必然的に免疫力も低下していくのである。




癌を避けるためには


たとえば、暴飲暴食、偏食、加工食品など添加物の多い食品の摂取、酒の飲み過ぎ、タバコの吸い過ぎ、紫外線の当たりすぎ、疲労やストレスのためすぎといった条件が重なれば、癌細胞の勢いが免疫力にまさってしまう。

癌を避けるためには、こんな生活はぜひとも避けなければならない。

癌を避けるためには、今あげたことと逆の生活を心がけるべきなのである。


カバノアナタケ茶・石鹸販売


癌を抑えるカバノアナタケ茶・石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶販売カバノアナタケ茶(国際グラフに掲載)癌治療で力を見せ付けるカバノアナタケカバノアナタケ茶はアレルギー性皮膚炎や慢性肝炎・腎炎までも予防改善するカバノアナタケは糖尿病の血糖値を下げる癌を抑えるカバノアナタケお肌がツルツルになるカバノアナタケ石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶・カバノアナタケ石鹸販売末期癌患者がカバノアナタケで延命を果たした胃潰瘍の癌化を100%抑制したカバノアナタケ咽頭癌に効いたカバノアナタケの噴霧剤乾癬と内臓疾患を同時に抑えたカバノアナタケ子宮頸管の腫瘍細胞の成長を抑制するカバノアナタケカバノアナタケ人気の背景にあるロシアの医療事情西洋医学と自然医学が手を結ぶ21世紀の医療カバノアナタケはカバノキの樹木エキスを栄養源としているカバノアナタケの黒い塊は栄養の宝庫カバノアナタケ茶は何世紀にも渡って飲み継がれて来たカザフスタンでのチャーガ調査報告書カバノアナタケはサルノコシカケと親戚関係O-157から救うカバノアナタケ茶SOD様活性が高いカバノアナタケアレルギー性皮膚炎に効くカバノアナタケ免疫力が強いと細菌やウイルスが感染しないエイズ患者のエイズウイルスを消したカバノアナタケ茶カバノアナタケの有効成分や抗ガン作用が具体的に解明カバノアナタケとサルノコシカケは親戚関係ガンキラーのNK細胞の働きについてカバノアナタケから生成される色素メラニンカバノアナタケの抗オキシダント効果2カバノアナタケの抗オキシダント効果カバノアナタケの抗癌作用を実証した日本での研究カバノアナタケに秘められたパワーカバノアナタケの色素生成と酵素活性に対してカバノアナタケの特効成分カバノアナタケはエイズウィルスに対しても有効カバノアナタケはなぜガン細胞の働きを抑制カバノアナタケはなぜ免疫力を高めるのかカバノアナタケ特効の秘密を解く有効成分の数々メラニンには、強力な抗酸化作用があるメラニンはSODと並ぶ強力な抗酸化物質りグニン分画活性酸素はどのような原因で発生するのか活性酸素を除去するSODの正体癌撲滅への希望の研究癌免疫療法抗癌剤としてのカバノアナタケの展開抗酸化物質を多く含む食品高濃度の酸素のもとでは酸素が過激な酸素=活性酸素へと変身糖尿病の体質改善にカバノアナタケが一役毒をもって毒を制すカバノアナタケ免疫機構とガン細胞との戦い免疫部隊と癌細胞の戦い免疫力を高めるカバノアナタケ


    

有限会社ジェックス
〒651-1143 神戸市北区若葉台1丁目4番10号
TEL/FAX 078-593-3532(メールでご対応させて頂きます。)   
 メールアドレス:yfuji3@gmail.com
Copyright (C) 2016 JECS All Rights Reserved.