毒をもって毒を制すカバノアナタケ

カバノアナタケ茶・石鹸

カバノアナタケ茶
カバノアナタケ石鹸
樺のあな茸茶
樺のあな茸石鹸

  

    


毒をもって毒を制すカバノアナタケ


「白樺のガン」と言われるカバノアナタケは、やはり人間のガン細胞を退治するうえで著しい効き目があった。

樹木を枯らしてしまうほどのカバノアナタケの生命力は、研究者らが想像する以上に絶大だったのだ。

カバノアナタケはカバノキ類にとってみれば迷惑きわまりない邪魔者だが、一度人の体内に入れば、その立場は180度変わる。

なんと私たちにとって宿敵であるガン細胞を退治する力を与えてくれるのである。

カバノアナタケを飲用するということは、言い換えれば木の病巣を口にすることと同じだ。

そう考えると、飲むのは多少勇気がいるかもしれない。



現代医学の治療法の多くも実は「毒をもって毒を制する」の手法


しかし、考えてみれば、現代医学の治療法の多くも実は「毒をもって毒を制する」の手法なのである。

そもそも化学薬品は、どれも人間の体にとっては異物と言えるものだ。

正しく使用しないと薬も毒にすり変わってしまう可能性がある。

たとえば、風邪等の軽い症状の場合、早く治したいがために適量以上の薬を飲んでしまう人がいる。

しかし、薬は多く飲めば飲むほど効くというものではない。

必要以上の量を飲み過ぎると、体内で毒性が蓄積されて副作用の危険性も高まってくるのだ。

薬を飲むと、それは血流にのって全身をぐるぐると駆けめぐり、行く先々で効力をあらわそうとする。

たとえば、胃腸の薬はなにも胃腸だけにダイレクトに作用するわけではない。

血流にのって他の部位にも実は作用しており、目的地以外の場所では、薬は邪魔者となってしまう。

だから、適量を越すと危険を伴うのである。

市販薬などは効き目が穏やかな分、通常は強い副作用があらわれるケースは少ないが、抗ガン剤に代表されるように、劇的に効く薬ほど副作用もあらわれやすくなる。

ガン細胞そのものを攻撃するのと同時に、他の健康な細胞も攻撃してしまうとどうなるだろうか。

本来体に備わっている病気を治そうとする力、つまり自然治癒力が低下して、かえって体が衰弱してしまう、ということが起こってくる。

そして、今のところ副作用の問題はガン治療の大きな壁となっているのである。

風邪のときなどに処方される抗生物質も、まさに「毒をもって毒を制する」の発想で生まれたものだった。

例をあげれば抗生物質の原点となったぺニシりン。

この薬は、英国の細菌学者A・フレミン、ングがブドウ球菌を使った実験中に、アオカビがブドウ球菌を溶かしてしまうことから発見されたことで知られる。

抗生物質の定義とは「生きた細胞から作り出され、微生物を殺したり、その発育を阻止したりする物質」である。

その効き目はドラスティックで、病原となる微生物そのものを殺して、増殖を阻止してしまう。

おかげで、人類は、病原体の感染から起こる伝染病から救われることになった。

抗生物質の登場は、人間の平均寿命を大幅に延ばすほどの影響力をもっていたのである。

ただし、劇的に効く薬も、体にとってはやはり異物にほかならない。

使用法を誤ったり、腎臓の機能が低下しているなどすれば、副作用も劇的にあらわれる危険性がある。

場合によっては、薬物性のショックで、生命が脅かされるケースも考えられるのだ。


長年服用をしてきた人々が、健康と長寿に恵まれ、ガンから救われていた


カバノアナタケの話に戻ると、「白樺のガン」と言われるカバノアナタケは、白樺にとってはガン細胞
にも似た脅威だが、人間にとってはまったく毒性を発揮するのものではない。

今までの研究から、無害性や安全性が確認され、化学薬品にありがちな副作用は認められていない。

むしろ、化学療法などの副作用を取り除く効果が認められている。

つまり、体に負担をかけない。

基礎体力を強化しながら病気への抵抗力を高めることができる。

これが自然から生まれたカバノアナタケの強みだ。

今後、さらに科学的な薬効の解明がすすめば、カバノアナタケの活躍の場は一気に広がる可能性がある。

カバノアナタケはアガりクスやメシマコブに次ぐ抗ガンきのことしての地位を確実に築いているのだ。

自然の生薬としての安全性。

生きたカバの木に寄生する「幻のきのこ」という神秘性。

白樺樹木のエキスと、きのこ本来の有効成分とを合わせ持った薬効成分の豊かさ。

なにより、長年服用をしてきた人々が、健康と長寿に恵まれ、ガンから救われていたという揺るぎない事実。

シラカバのガンが人間のガンに効くという、ストーリーの不思議さ。

カバノアナタケの魅力はまだまだ語りつくせない。



カバノアナタケ茶・石鹸販売


癌を抑えるカバノアナタケ茶・石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶販売カバノアナタケ茶(国際グラフに掲載)癌治療で力を見せ付けるカバノアナタケカバノアナタケ茶はアレルギー性皮膚炎や慢性肝炎・腎炎までも予防改善するカバノアナタケは糖尿病の血糖値を下げる癌を抑えるカバノアナタケお肌がツルツルになるカバノアナタケ石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶・カバノアナタケ石鹸販売末期癌患者がカバノアナタケで延命を果たした胃潰瘍の癌化を100%抑制したカバノアナタケ咽頭癌に効いたカバノアナタケの噴霧剤乾癬と内臓疾患を同時に抑えたカバノアナタケ子宮頸管の腫瘍細胞の成長を抑制するカバノアナタケカバノアナタケ人気の背景にあるロシアの医療事情西洋医学と自然医学が手を結ぶ21世紀の医療カバノアナタケはカバノキの樹木エキスを栄養源としているカバノアナタケの黒い塊は栄養の宝庫カバノアナタケ茶は何世紀にも渡って飲み継がれて来たカザフスタンでのチャーガ調査報告書カバノアナタケはサルノコシカケと親戚関係O-157から救うカバノアナタケ茶SOD様活性が高いカバノアナタケアレルギー性皮膚炎に効くカバノアナタケ免疫力が強いと細菌やウイルスが感染しないエイズ患者のエイズウイルスを消したカバノアナタケ茶カバノアナタケの有効成分や抗ガン作用が具体的に解明カバノアナタケとサルノコシカケは親戚関係ガンキラーのNK細胞の働きについてカバノアナタケから生成される色素メラニンカバノアナタケの抗オキシダント効果2カバノアナタケの抗オキシダント効果カバノアナタケの抗癌作用を実証した日本での研究カバノアナタケに秘められたパワーカバノアナタケの色素生成と酵素活性に対してカバノアナタケの特効成分カバノアナタケはエイズウィルスに対しても有効カバノアナタケはなぜガン細胞の働きを抑制カバノアナタケはなぜ免疫力を高めるのかカバノアナタケ特効の秘密を解く有効成分の数々メラニンには、強力な抗酸化作用があるメラニンはSODと並ぶ強力な抗酸化物質りグニン分画活性酸素はどのような原因で発生するのか活性酸素を除去するSODの正体癌撲滅への希望の研究癌免疫療法抗癌剤としてのカバノアナタケの展開抗酸化物質を多く含む食品高濃度の酸素のもとでは酸素が過激な酸素=活性酸素へと変身糖尿病の体質改善にカバノアナタケが一役毒をもって毒を制すカバノアナタケ免疫機構とガン細胞との戦い免疫部隊と癌細胞の戦い免疫力を高めるカバノアナタケ



    

有限会社ジェックス
〒651-1143 神戸市北区若葉台1丁目4番10号
TEL/FAX 078-593-3532(メールでご対応させて頂きます。)   
 メールアドレス:yfuji3@gmail.com
Copyright (C) 2016 JECS All Rights Reserved.