×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

糖尿病の体質改善にカバノアナタケが一役

カバノアナタケ茶・石鹸

カバノアナタケ茶
カバノアナタケ石鹸
樺のあな茸茶
樺のあな茸石鹸

  

    


糖尿病の体質改善にカバノアナタケが一役


カバノアナタケでウイルス性のC型肝炎が改善したという症例もある。

サラダメロン代表の佐久間和夫氏の著書「怪物カバノアナタケ」に掲載された内容よりご紹介しよう。

その女性は数年前にC型肝炎を患い、インターフェロンによる治療を続けていた。

インターフェロンには、発熱、悪寒、食欲不振、倦怠感などの激しい副作用がつきまとう。

この女性も腸内出血の副作用に悩まされていたが、カバノアナタケのお茶を飲んだところ変化が起こった。

C型肝炎の状態をあらわすGOTとGPTの数値が低下し、正常値に近づいていった。

しかも、140から100へ、そして40へと着実に快方に向かっていったのである。

一時期カバノアナタケの飲用を止めたところ、数値は再び上昇し、症状が悪化したことがわかった。

カバノアナタケがC型肝炎のウイルスに対して有効に働いたことは、その数値が証明している。



カバノアナタケはいろいろな角度から糖尿病をたたくことが可能


糖尿病の原因の一つもウイルスだという説が、近年の国内外の研究で明らかになっている。

つまり、カバノアナタケを用いれば「糖尿病のウイルスを倒す」という方向からも改善策を見出せるわけだ。

しかも、カバノアナタケには血糖値の降下作用もあり、いろいろな角度から糖尿病をたたくことが可能なのである。

抗ウイルス作用、免疫強化作用、血糖値降下作用が三拍子揃っているとなれば、これは糖尿病にとって強力な味方となりうるだろう。

そもそも糖尿病とは、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが不足したり、正常に働かないことにより、血糖値が上がってしまう病気である。

食物から糖質を摂取しても利用処理できなくなることから、血液中のブドウ糖が高濃度になってしまうのだ。

正常な状態では、糖質は腸で吸収されたのち、肝臓へ送られてブドウ糖に変えられ、血液にのって各臓器や組織へ送られる。これがエネルギー源となるのだが、代謝がスムーズにいかないと高血糖の状態に陥り、エネルギーが効率的に使えなくなってしまう。

その結果が糖尿病であり、疲れやすくなる、活力が低下するなどの症状が起こり、悪化すると、恐ろしい合併症が起こるようになる。



北海道在住の61歳の女性も、20年来糖尿病に悩まされ続けてきた


北海道在住の61歳の女性も、20年来糖尿病に悩まされ続けてきた一人だった。

インスリンの注射を打っても血糖値は220〜230 r/dlと高め、血圧も上がl80〜160mmHg、下は90mmHgと高めでかなり状態は悪かった。

合併症で心臓周辺の血管が詰まり、バイパス手術を受けるなどして辛い日々を過ごしていたという。

そんなとき、「カバノアナタケというきのこが糖尿病にも効くらしい」という情報を得た。

さっそくカバノアナタケのお茶の服用を開始。

様子を見ながら徐々にお茶の濃度を濃くしていき、1日3回ぺースで湯のみで一杯ずつ飲用を行った。

目に見える変化があらわれたのは3ケ月後。

その頃は1日5杯ほど飲む日もあったというが、血液検査を行った結果、血糖値は230 r/glから170〜180 r/dlに低下していた。

さらに、血液の健康度の指標となるグりコヘモグロビン(ヘモグロビンA2)は正常値(6.5〜7.5%)に近い数値に変化。

以前は12%近くあったことを考えると、かなり改善されたことがわかる。

六ケ月後の検査ではさらに改善傾向が見られ、血糖値は140〜150mg/dlへ。

疲れやすかった体調もかなり改善されていった。

さらにうれしい変化として、カバノアナタケ服用前は上が180〜160mm吹下が90mmHg、と不安定だった血圧が、現在では上が120、下が70mmHgで安定。

インンスリンの注射は併用していたが、カバノアナタケ服用後から量を減らすことができている。

これがカバノアナタケによる効果なのかどうか試す意味で、この女性は一時的にカバノアナタケの飲用をストップし、血液検査にのぞんでみた。

その結果、グリコヘモグロビンの値が8.l%に上昇していた。

「やはり血液の状態がよくなったのは、カバノアナタケのおかげだ」

そう確信を深め、すぐに服用を再開。

継続して飲んでも副作用はまったく見られず、血糖値、血圧共に安定状態を保っているという。

糖尿病の体質改善にカバノアナタケが一役買っていることは、この症例からも明らかだった。



カバノアナタケ茶・石鹸販売


癌を抑えるカバノアナタケ茶・石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶販売カバノアナタケ茶(国際グラフに掲載)癌治療で力を見せ付けるカバノアナタケカバノアナタケ茶はアレルギー性皮膚炎や慢性肝炎・腎炎までも予防改善するカバノアナタケは糖尿病の血糖値を下げる癌を抑えるカバノアナタケお肌がツルツルになるカバノアナタケ石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶・カバノアナタケ石鹸販売末期癌患者がカバノアナタケで延命を果たした胃潰瘍の癌化を100%抑制したカバノアナタケ咽頭癌に効いたカバノアナタケの噴霧剤乾癬と内臓疾患を同時に抑えたカバノアナタケ子宮頸管の腫瘍細胞の成長を抑制するカバノアナタケカバノアナタケ人気の背景にあるロシアの医療事情西洋医学と自然医学が手を結ぶ21世紀の医療カバノアナタケはカバノキの樹木エキスを栄養源としているカバノアナタケの黒い塊は栄養の宝庫カバノアナタケ茶は何世紀にも渡って飲み継がれて来たカザフスタンでのチャーガ調査報告書カバノアナタケはサルノコシカケと親戚関係O-157から救うカバノアナタケ茶SOD様活性が高いカバノアナタケアレルギー性皮膚炎に効くカバノアナタケ免疫力が強いと細菌やウイルスが感染しないエイズ患者のエイズウイルスを消したカバノアナタケ茶カバノアナタケの有効成分や抗ガン作用が具体的に解明カバノアナタケとサルノコシカケは親戚関係ガンキラーのNK細胞の働きについてカバノアナタケから生成される色素メラニンカバノアナタケの抗オキシダント効果2カバノアナタケの抗オキシダント効果カバノアナタケの抗癌作用を実証した日本での研究カバノアナタケに秘められたパワーカバノアナタケの色素生成と酵素活性に対してカバノアナタケの特効成分カバノアナタケはエイズウィルスに対しても有効カバノアナタケはなぜガン細胞の働きを抑制カバノアナタケはなぜ免疫力を高めるのかカバノアナタケ特効の秘密を解く有効成分の数々メラニンには、強力な抗酸化作用があるメラニンはSODと並ぶ強力な抗酸化物質りグニン分画活性酸素はどのような原因で発生するのか活性酸素を除去するSODの正体癌撲滅への希望の研究癌免疫療法抗癌剤としてのカバノアナタケの展開抗酸化物質を多く含む食品高濃度の酸素のもとでは酸素が過激な酸素=活性酸素へと変身糖尿病の体質改善にカバノアナタケが一役毒をもって毒を制すカバノアナタケ免疫機構とガン細胞との戦い免疫部隊と癌細胞の戦い免疫力を高めるカバノアナタケ



    

有限会社ジェックス
〒651-1143 神戸市北区若葉台1丁目4番10号
TEL/FAX 078-593-3532(メールでご対応させて頂きます。)   
 メールアドレス:yfuji3@gmail.com
Copyright (C) 2016 JECS All Rights Reserved.