×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

抗酸化物質を多く含む食品

カバノアナタケ茶・石鹸

カバノアナタケ茶
カバノアナタケ石鹸
樺のあな茸茶
樺のあな茸石鹸

  

    


抗酸化物質を多く含む食品


同じ食品でも体にいい食べ物と体に悪い食べ物とがある。

これは、「抗酸化物質を多く含む食品」と、「間接的に活性酸素を発生しやすくする食品」と言い換えることができるだろう。

まず活性酸素を発生しやすくする食品とはどういうものかというと、代表的なのが加工食品やインスタント食品である。

ポテトチップに代表されるこれらの食品は、脂で揚げたものが多く、空気に触れると酸化して過酸化脂質になるという性質がある。

この過酸化脂質というのがクセモノで、肝臓で解毒される際に活性酸素を発生する。

しかも、いつまでも排出されずに体内に留まりやすいため、知らず知らずのうちに健康な細胞膜が傷つけられていく危険性があるのだ。



抗酸化物質が多く含まれた食品を意識的にとることが大切


脂身の多い肉や魚には要注意。

脂質の多い食事をとりすぎれば、そのぶん酸化によってできる過酸化脂質を溜め込み、活性酸素の害を受けやすくなる。

もちろん脂質がまったくダメと言っているわけではない。

食べるときの工夫が必要なのだ。

脂肪分の多い食事も、ひと工夫でかなり毒性を取り除くことができる。

そう、抗酸化物質を多く含む食品を一緒に食べればいいのだ。

一時期、赤ワインの効用が注目されたことがある。

赤ワインに含まれるポりフェノールに強力な抗酸化作用があることが明らかになったためだ。

「赤ワインに抗酸化作用あり」の情報はあっという間に世界を駆け巡り、日本でも赤ワインが動脈硬化を予防すると話題になったことはご存知の通り。

あれ以来、毎日のように赤ワインを飲んでいるという人も少なくないだろう。

農林水産省の発表によると、赤ワインが含む抗酸化物質の一つポリフェノールは、野菜類、とくに色が鮮やかな野菜や果物にたっぷり含有されているという。

実はポりフェノールにはたくさんの種類があり、全部合わせると4000種類にもなってしまう。

つまり、ほとんどの植物に含まれているのだが、含有量の多いものを積極的にとっていけば、活性酸素を除去して酸化現象を抑えることができる。

赤ワインに含まれるのはタンニンというポりフェノールで、同じものが緑茶や柿、バナナなどに多く含まれている。


他に代表的なポリフェノールといえば、ブルーべりーやマンゴーなどに含まれるアントシアニン、豆腐や納豆などの大豆製品に含まれるイソフラボン、ココアやチョコレートなどに含まれるカカオマスポリフェノール、春菊やほうれん草などに含まれるケルセチンといったもの。

また、柑橘系の果物やキャベツなどに多く含まれるビタミンC、にんじんや小松菜、かぼちゃなどに多く含まれるβ-カロチンも、代表的な抗酸化物質なので、毎日の食卓に多く取り人れるよう心がけたいもの。

ただし、体にいいからといって、やたらと一つの食品ばかり偏って食べるのは考えもの。

まずは、バランスよく栄養をとる工夫をしたうえで、抗酸化物質が多く含まれた食品を意識的にとることが大切である。


食品添加物が多く含まれている食品は、活性酸素の害を受けやすい


脂肪分の多い食事をとったとしても、一方で抗酸化食品をたっぷりとれば、活性酸素の害を防ぐことができるだろう。

「肉を食べたら、野菜も同じくらいかそれ以上食べる」といった工夫が活性酸素対策に通じる。

体にいい食事という意味で、伝統的な和食は理想的。

海、山、里の物に恵まれ、栄養バランスもすぐれている。

たとえば、納豆や味噌などの大豆製品は抗酸化物質が非常に豊富だし、おひたし、酢の物なども、食べるクスリとして最適である。

そこで、伝統的な和食の良さを見直そうとする動きもみられるが、物心ついて以来簡単便利な物を食べつづけてきた若者世代は、そう簡単にスイッチを切り替えられるものではないだろう。

まずは、一つでも多くの抗酸化食品をとることから始めていただきたい。

つけ加えれば、食品添加物が多く含まれている食品は、活性酸素の害を受けやすいと考えていいだろう。

添加物は、消化吸収の過程で異物として認識され、解毒される際にやはり活性酸素を発生するのだ。

スーパーなどで食品を購入するさいは、表示をチェックし、できるだけ添加物の少ないものを選ぶようにしたい。


カバノアナタケ茶・石鹸販売


癌を抑えるカバノアナタケ茶・石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶販売カバノアナタケ茶(国際グラフに掲載)癌治療で力を見せ付けるカバノアナタケカバノアナタケ茶はアレルギー性皮膚炎や慢性肝炎・腎炎までも予防改善するカバノアナタケは糖尿病の血糖値を下げる癌を抑えるカバノアナタケお肌がツルツルになるカバノアナタケ石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶・カバノアナタケ石鹸販売末期癌患者がカバノアナタケで延命を果たした胃潰瘍の癌化を100%抑制したカバノアナタケ咽頭癌に効いたカバノアナタケの噴霧剤乾癬と内臓疾患を同時に抑えたカバノアナタケ子宮頸管の腫瘍細胞の成長を抑制するカバノアナタケカバノアナタケ人気の背景にあるロシアの医療事情西洋医学と自然医学が手を結ぶ21世紀の医療カバノアナタケはカバノキの樹木エキスを栄養源としているカバノアナタケの黒い塊は栄養の宝庫カバノアナタケ茶は何世紀にも渡って飲み継がれて来たカザフスタンでのチャーガ調査報告書カバノアナタケはサルノコシカケと親戚関係O-157から救うカバノアナタケ茶SOD様活性が高いカバノアナタケアレルギー性皮膚炎に効くカバノアナタケ免疫力が強いと細菌やウイルスが感染しないエイズ患者のエイズウイルスを消したカバノアナタケ茶カバノアナタケの有効成分や抗ガン作用が具体的に解明カバノアナタケとサルノコシカケは親戚関係ガンキラーのNK細胞の働きについてカバノアナタケから生成される色素メラニンカバノアナタケの抗オキシダント効果2カバノアナタケの抗オキシダント効果カバノアナタケの抗癌作用を実証した日本での研究カバノアナタケに秘められたパワーカバノアナタケの色素生成と酵素活性に対してカバノアナタケの特効成分カバノアナタケはエイズウィルスに対しても有効カバノアナタケはなぜガン細胞の働きを抑制カバノアナタケはなぜ免疫力を高めるのかカバノアナタケ特効の秘密を解く有効成分の数々メラニンには、強力な抗酸化作用があるメラニンはSODと並ぶ強力な抗酸化物質りグニン分画活性酸素はどのような原因で発生するのか活性酸素を除去するSODの正体癌撲滅への希望の研究癌免疫療法抗癌剤としてのカバノアナタケの展開抗酸化物質を多く含む食品高濃度の酸素のもとでは酸素が過激な酸素=活性酸素へと変身糖尿病の体質改善にカバノアナタケが一役毒をもって毒を制すカバノアナタケ免疫機構とガン細胞との戦い免疫部隊と癌細胞の戦い免疫力を高めるカバノアナタケ



    

有限会社ジェックス
〒651-1143 神戸市北区若葉台1丁目4番10号
TEL/FAX 078-593-3532(メールでご対応させて頂きます。)   
 メールアドレス:yfuji3@gmail.com
Copyright (C) 2016 JECS All Rights Reserved.