癌免疫療法

カバノアナタケ茶・石鹸

カバノアナタケ茶
カバノアナタケ石鹸
樺のあな茸茶
樺のあな茸石鹸

  

    


癌免疫療法


癌治療の主流は「外科療法」「放射線療法」「化学療法」の三通りの療法だが、次なる第四の癌療法として医学界が注目するのが「免疫療法」である。

主流をなす三通りの療法は、癌細胞そのものにターゲットを定めて攻撃するやり方である。

一方、免疫療法は、もともと生体に備わっている免疫機構を活性化することで、内側から癌と闘う力を高めようというものだ。

つまり、患者自身の力で病気を撃退する力を養う。



きのこ類は総じて免疫力を高める力が強く、後に続くのがカバノアナタケだ


この療法が、癌治療の新しい柱として医療最前線で実践されている。

免疫療法にはいくつか方法があるが、よく知られるのがワクチンの摂取。

結核治療のためのBCGの生ワクチンがあるが、これと同じように抗原を体内に投与して抗体を産出させたり、体外で抗体を製造して抗原となる菌や毒素への抵抗力を高めるというやり方である。

もともと免疫療法は西洋医学の流れのなかで開発されてきたものだが、ここにきて東洋医学の流れをくんだ自然生薬を用い、免疫を活性化させるという治療が実践されるようになった。

とくに、実績をあげているのが、制癌効果の高いきのこ類である。

免疫療法では、免疫を活性化する作用のある「免疫賦活剤」と呼ばれるものが使われるが、すでに、きのこを使った免疫賦活剤も活躍している。

カワラタケのエキスを抽出して作ったクレスチン、シイタケから作ったレンチナン、ス工ヒロタケから作ったシゾフィランの3つはすでに厚生省に認可されたものだ。

きのこ類は総じて免疫力を高める力が強く、抗癌きのことしてアガリクスやメシマコブなどが注目されていることは周知の通り。

そして、後に続くのがカバノアナタケだ。



カバノアナタケは複数の効果が期待できる


ロシアの医療機関で使用されるカバノアナタケの免疫賦活剤も、すでに臨床実験で著しい効果をあらわしている。

免疫療法の最大の魅力をあげると、治療にあたって体に余計な負担をかけず、しかも副作用の心配がほとんどないことだろう。

これは、免疫機能を高めて癌細胞をたたくという手法だからこそ実現できることだ。

従来の癌治療では、免疫力の低下や辛い副作用の問題が大きな壁となっていた。

まず外科手術では、大掛かりな手術をすること自体が体に大きな負担となり、免疫機能を弱らせてしまう。

放射線療法は、癌細胞を狙い打つ一方で健康な細胞にもダメージを与え、免疫機能を弱らせてしまうという問題点がある。

化学療法もしかりで、癌細胞を殺す強力な抗癌剤を使用するため、これが正常な細胞の機能まで低下させてしまうのだ。

化学療法の場合、全身療法なので、薬の効果は全身に及び、副作用を免れなくなる。

さっそくダメージを受けるのは消化器官で、食欲減退によってさらなる免疫力の低下を招いてしまう。

こうして、癌細胞は死んでも、体力も日増しに低下するという矛盾が生じてくるのだとはいえ、癌治療はめざましい進化を遂げていることも事実。

さまざまな抗癌剤が開発されているし、副作用の問題も以前と比較してかなり解消されてきている。

抗癌剤についていえば、薬剤が全身を巡らないよう、血液の循環を制御して患部だけに投与するといった技術も開発されている。放射線治療でも、患部だけを徹底して照射するような治療がすでに始まっている。

そして、新たな形が、三大療法と免疫療法の併用である。

つまり、対症療法と免疫療法を同時進行しながら、相乗効果を高めるのだ。

これにより、対症療法のりスクを免疫療法で補いながら癌と前向きに戦えるようになる。

ロシアでは、カバノアナタケを使った臨床実験で、患者のほとんどに精神的効用が見られ、「癌と戦っていこう」という前向きさが芽生えたという。これはもちろん、体力の回復によって精神力も回復したためだ。

免疫賦活剤としてのカバノアナタケは、単に免疫力を高めるというだけでなく、元の治療効果を高めたり、精神的ストレスを取り除くなど、複数の効果が期待できるのである。

ごく最近まで免疫療法はあまり重要視されていなかったが、ここにきて高い有効性が認められ、今や「免疫力を高めれば、癌は撃退できる」が医学界の常識となっている。




カバノアナタケ茶・石鹸販売


癌を抑えるカバノアナタケ茶・石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶販売カバノアナタケ茶(国際グラフに掲載)癌治療で力を見せ付けるカバノアナタケカバノアナタケ茶はアレルギー性皮膚炎や慢性肝炎・腎炎までも予防改善するカバノアナタケは糖尿病の血糖値を下げる癌を抑えるカバノアナタケお肌がツルツルになるカバノアナタケ石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶・カバノアナタケ石鹸販売末期癌患者がカバノアナタケで延命を果たした胃潰瘍の癌化を100%抑制したカバノアナタケ咽頭癌に効いたカバノアナタケの噴霧剤乾癬と内臓疾患を同時に抑えたカバノアナタケ子宮頸管の腫瘍細胞の成長を抑制するカバノアナタケカバノアナタケ人気の背景にあるロシアの医療事情西洋医学と自然医学が手を結ぶ21世紀の医療カバノアナタケはカバノキの樹木エキスを栄養源としているカバノアナタケの黒い塊は栄養の宝庫カバノアナタケ茶は何世紀にも渡って飲み継がれて来たカザフスタンでのチャーガ調査報告書カバノアナタケはサルノコシカケと親戚関係O-157から救うカバノアナタケ茶SOD様活性が高いカバノアナタケアレルギー性皮膚炎に効くカバノアナタケ免疫力が強いと細菌やウイルスが感染しないエイズ患者のエイズウイルスを消したカバノアナタケ茶カバノアナタケの有効成分や抗ガン作用が具体的に解明カバノアナタケとサルノコシカケは親戚関係ガンキラーのNK細胞の働きについてカバノアナタケから生成される色素メラニンカバノアナタケの抗オキシダント効果2カバノアナタケの抗オキシダント効果カバノアナタケの抗癌作用を実証した日本での研究カバノアナタケに秘められたパワーカバノアナタケの色素生成と酵素活性に対してカバノアナタケの特効成分カバノアナタケはエイズウィルスに対しても有効カバノアナタケはなぜガン細胞の働きを抑制カバノアナタケはなぜ免疫力を高めるのかカバノアナタケ特効の秘密を解く有効成分の数々メラニンには、強力な抗酸化作用があるメラニンはSODと並ぶ強力な抗酸化物質りグニン分画活性酸素はどのような原因で発生するのか活性酸素を除去するSODの正体癌撲滅への希望の研究癌免疫療法抗癌剤としてのカバノアナタケの展開抗酸化物質を多く含む食品高濃度の酸素のもとでは酸素が過激な酸素=活性酸素へと変身糖尿病の体質改善にカバノアナタケが一役毒をもって毒を制すカバノアナタケ免疫機構とガン細胞との戦い免疫部隊と癌細胞の戦い免疫力を高めるカバノアナタケ



    

有限会社ジェックス
〒651-1143 神戸市北区若葉台1丁目4番10号
TEL/FAX 078-593-3532(メールでご対応させて頂きます。)   
 メールアドレス:yfuji3@gmail.com
Copyright (C) 2016 JECS All Rights Reserved.