活性酸素はどのような原因で発生するのか

カバノアナタケ茶・石鹸

カバノアナタケ茶
カバノアナタケ石鹸
樺のあな茸茶
樺のあな茸石鹸

  

    


活性酸素はどのような原因で発生するのか


活性酸素はどのような原因で発生するのか。

今までの研究では、発生要因は次の大きく3つに分けられることが明らかになっている。

(1 生命活動によつて発生する活性酸素)
皆さんが呼吸で取り人れている酸素の一部は、体内で活性酸素となる。

つまり、生命活動を営むうえで、どうしても活性酸素は発生してしまうのである。

もう少し詳しくいうと、私たちの身体は60兆もの細胞からなっており、その一つ一つにミトコンドリアという発電所がある。

この場所で酸素をエネルギーに変換する際、取り入れた酸素のうち約2%が活性酸素になってしまうのだ。

いわば、老廃物のような存在なのである。

人間の体内には活性酸素に対する防御システムが備わっているものの、残念ながらそれを100%阻止することはできない。



活性酸素の発生要因は、私たちの身近に山ほどある


(2 紫外線、排気ガスなどの外的要因によつて発生する活性酸素)
紫外線がほんのわずか皮膚に触れただけでも活性酸素は発生し、皮膚の老化を招いたり、極端な場合には皮膚ガンの危険もある。

紫外線から皮膚を守るガードマン役であるメラニン色素の量が少ない白人系は、特に皮膚ガンのりスクが高いとされている。

また最近の実験では、タバコの煙や車の排気ガスからも、相当量の活性酸素が測定されている。

タバコは「百害あって一利なし」とよく言うが、まさにその通り。

吸えば二コチンによる血管収縮が起こる、活性酸素のりスクが高まるなど、何もいいことはなし。

精神的な癒し効果は多少あるのだろうが、長期的にみればやはり健康を害する危険性が高いと言わざるを得ない。

ただ、タバコの場合はまだ救いがある。

その気にさえなれば止めることもできるし、吸わない人は、喫煙者の近くに寄らないなどの防御策をとることができる。

しかし、大気の汚染のほうはそう簡単に避けられるものではない。

環境汚染が進むなかで生活すれば、嫌でも活性酸素のリスクが高まることになる。

他に農薬、殺虫剤、加工食品などの化学物質も人体の中に入ると活性酸素を大量に発生させることがわかっている。

つまり、活性酸素の発生要因は、私たちの身近に山ほどあるということだ。




カバノアナタケは体内にある抗酸化物質と同様の働きをする「SOD様活性」という特性がある


(3 ストレスも活性酸素を呼ぴ込む)
過度のストレスを受けたときにもまた、活性酸素は発生する。

強い不安感、恐怖、怒りなどのマイナス感情は、知らず知らずのうちに活性酸素を呼び込んでしまうのである。

たとえば、何らかの強いショックを覚えたとき、心配事があって夜も眠れないようなとき、あなたの体内で、活性酸素が暴れ出している可能性が高い。

現代病の一つにストレス性の胃潰瘍や十二指腸潰瘍などがあるが、これらはストレスによって生じた活性酸素と因果関係があることが科学的にも立証されている。

ストレスが起こると、血管が収縮し、粘膜への血流が一時的に止まってしまう。

その後、再び血流が再開したときに活性酸素が発生するというのだ。

心と身体はまさに表裏一体で、心の変化は身体の変化と結びついていることがよくわかる。

つけ加えれば、ストレスは通常弱アルカり性に保たれている血液のぺーハーを酸性のほうに傾けてしまう作用もある。

しかも、免疫細胞である白血球の数を減少させてしまう。

活性酸素の発生に加え、免疫機構の働きも弱めてしまうとなれば、「ストレスが病気をつくる」と言われる所以がよくわかるだろう。

このように私たちは、日々活性酸素の脅威にさらされながら生活している。

そして、現代人は、病気を呼び込むストレスの度合いも多い。

誰もが半病人のような状態で生きてると言っても間違いではないだろう。

ただし、人間の体内には、活性酸素の害を防御するシステムがちゃんと備わっていることもまた事実なのだ。

それが、抗酸化物質の数々だ。

そして、カバノアナタケは体内にある抗酸化物質と同様の働きをする「SOD様活性」という特性があることに注目したい。


カバノアナタケ茶・石鹸販売


癌を抑えるカバノアナタケ茶・石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶販売カバノアナタケ茶(国際グラフに掲載)癌治療で力を見せ付けるカバノアナタケカバノアナタケ茶はアレルギー性皮膚炎や慢性肝炎・腎炎までも予防改善するカバノアナタケは糖尿病の血糖値を下げる癌を抑えるカバノアナタケお肌がツルツルになるカバノアナタケ石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶・カバノアナタケ石鹸販売末期癌患者がカバノアナタケで延命を果たした胃潰瘍の癌化を100%抑制したカバノアナタケ咽頭癌に効いたカバノアナタケの噴霧剤乾癬と内臓疾患を同時に抑えたカバノアナタケ子宮頸管の腫瘍細胞の成長を抑制するカバノアナタケカバノアナタケ人気の背景にあるロシアの医療事情西洋医学と自然医学が手を結ぶ21世紀の医療カバノアナタケはカバノキの樹木エキスを栄養源としているカバノアナタケの黒い塊は栄養の宝庫カバノアナタケ茶は何世紀にも渡って飲み継がれて来たカザフスタンでのチャーガ調査報告書カバノアナタケはサルノコシカケと親戚関係O-157から救うカバノアナタケ茶SOD様活性が高いカバノアナタケアレルギー性皮膚炎に効くカバノアナタケ免疫力が強いと細菌やウイルスが感染しないエイズ患者のエイズウイルスを消したカバノアナタケ茶カバノアナタケの有効成分や抗ガン作用が具体的に解明カバノアナタケとサルノコシカケは親戚関係ガンキラーのNK細胞の働きについてカバノアナタケから生成される色素メラニンカバノアナタケの抗オキシダント効果2カバノアナタケの抗オキシダント効果カバノアナタケの抗癌作用を実証した日本での研究カバノアナタケに秘められたパワーカバノアナタケの色素生成と酵素活性に対してカバノアナタケの特効成分カバノアナタケはエイズウィルスに対しても有効カバノアナタケはなぜガン細胞の働きを抑制カバノアナタケはなぜ免疫力を高めるのかカバノアナタケ特効の秘密を解く有効成分の数々メラニンには、強力な抗酸化作用があるメラニンはSODと並ぶ強力な抗酸化物質りグニン分画活性酸素はどのような原因で発生するのか活性酸素を除去するSODの正体癌撲滅への希望の研究癌免疫療法抗癌剤としてのカバノアナタケの展開抗酸化物質を多く含む食品高濃度の酸素のもとでは酸素が過激な酸素=活性酸素へと変身糖尿病の体質改善にカバノアナタケが一役毒をもって毒を制すカバノアナタケ免疫機構とガン細胞との戦い免疫部隊と癌細胞の戦い免疫力を高めるカバノアナタケ



    

有限会社ジェックス
〒651-1143 神戸市北区若葉台1丁目4番10号
TEL/FAX 078-593-3532(メールでご対応させて頂きます。)    
メールアドレス:yfuji3@gmail.com
Copyright (C) 2016 JECS All Rights Reserved.