免疫力が強いと細菌やウイルスが感染しない

カバノアナタケ茶・石鹸

カバノアナタケ茶
カバノアナタケ石鹸
樺のあな茸茶
樺のあな茸石鹸

  

    

ウイルスや細菌による感染事故が相次いで発生


平成14年に人って間もなく、ウイルスや細菌による感染事故が相次いで発生した。

東京・世田谷区の病院では、セラチア菌の感染によって複数の患者が相次いで死亡している。

しかも、後の調査で都に虚偽報告した疑いが持ち上がり、病院経営の杜撰さまで暴露されてしまった。

そのため、転院先の病院では投与すべき抗生物質が確認できないなどして患者の回復に影響を与えた可能性も指摘されている。

「セラチア菌」という、今まであまり耳にしたことのない菌が身近な病院で検出されたとあって、国民は恐怖感を募らせた。

また、宮城県内の病院では、通院したことのある患者5人がB型肝炎を発症。

そのうち4人が、2000年6月から2001年2月にかけて劇症肝炎で死亡したことが明らかになった。

そのウイルスの遺伝子がほぼ一致したことから、やはり院内感染が疑われている。

B型肝炎はウイルス性肝炎の一つだが、主に血液を介して感染する。

45〜180日の潜伏期間を経て全身の倦怠感、食欲不振、黄疸などの症状があらわれ、劇症化すると死亡することがある。

予防や治療法はほぼ確立されているものの、発見の遅れなどから死亡事故に至ってしまうケースがあるのだ。

同じ頃、東京都内の銭湯を利用した70代の男性がレジオネラ肺炎で死亡する事故が発生。

レジオネラ菌は、普通混の中や川、沼などにいて、好ましい環境になるとすぐに増殖する性質があるという。

20〜55℃で繁殖するが、とりわけ36℃前後がレジオネラにとってべストな環境である。

もし菌に汚染された水が呼吸器系に入れば、肺炎などを引き起こし、最悪の場合、このケースのように死に至る。

死亡した男性が入浴した薬湯からは、規準の8倍もの菌が検出された。

男性の体内から見つかった菌とDNAが一致したため、感染源と断定。つまり、男性はこの湯を誤って飲んでしまった可能性がある。

同様の事故は今までにも発生しており、79〜99 年の間に国内で報告されたレジオネラによる患者は261人。

これは、欧米に比較して少ない数字だというが、「ここ7〜8年の間に2OO 人以上見つかっている」というから、決して軽視できない。



レジオネラ関連の事故はここ数年続発している


レジオネラ関連の事故は、確かにここ数年続発しているのだ。

94 年には、空調設備が原因と思われる集団感染事故。

96年には、東京都内の病院で新生児が感染によって死亡。

98年には、都内の特別養護老人ホームで、やはりお年寄りが感染によって死亡する事故が起こっている。

銭湯の湯の中や空調設備、そして給湯設備、ビル屋上の冷却塔、循環式浴槽、ジェットバス、加湿器、噴水などなど、レジオネラは、思いがけない場所に潜んでおり、隙を狙って私たちの体内に侵入してくる。だから、怖いのだ。

相次ぐ事故を受けて厚生省は99年に「レジオネラ症防止指針」を改訂。

業者に対して水質や設備の管理などを徹底するよう呼びかけているが、それでも今回の事故は起こってしまった。

次々と院内感染が発覚するので、自分や家族の身にふりかかった「もしも」のときのことを想像した人も多いことだろう。

そして、もしものとき身を守るために最終的に必要になってくるのは、一人一人の危機管理意識だろう。

たとえば、銭湯やサウナなどの施設を利用するときは、まず衛生管理のチェックを行なう。

あるいは、温泉や銭湯の水を飲んだあとに風邪やィンフルエンザのような症状が出たら、すぐに病院で診察を受ける。

レジオネラの潜伏期間は数日から1週間なので、これによって最悪の事態を免れる可能性は高まるはずだ。




免疫力が強いと細菌やウイルスが感染しない


ところで、レジオネラのような感染事故で多くの場合犠牲になるのは高齢者や乳幼児である。

また、病気で身体が衰弱している場合にも感染しやすくなる。

つまり、若く健康体の人であればかなり感染の確率は低くなるわけだ。

その、違いをひとこと言えば、免疫力の差である。

人間の体内には、細菌やウイルスなどの外敵やガン細胞のような悪い細胞が発生すると、これを攻撃して体を守ろうとする免疫機構が備わっている。

つまり、薬の力を借りなくても、自力で冶すカ=「自然治癒力」を誰でもが持っているのだ。

ところが、活性酸素を除去するSODと同じで免疫機構の攻撃力も、年齢と共にしだいに低下していく。

また、病気で体が弱っているときは、免疫機構の働きも弱まってしまう。

そのような状態でもし細菌やウイルスの攻撃を受ければ、ひとたまりもなく発症してしまうだろう。

つまり、細菌やウイルスが感染するかしないか、病気になるかならないかの最大の決め手は"免疫力"にある。

そして、ガンの発症もまた、免疫力と深く関わっているのである。



カバノアナタケ茶・石鹸販売


癌を抑えるカバノアナタケ茶・石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶販売カバノアナタケ茶(国際グラフに掲載)癌治療で力を見せ付けるカバノアナタケカバノアナタケ茶はアレルギー性皮膚炎や慢性肝炎・腎炎までも予防改善するカバノアナタケは糖尿病の血糖値を下げる癌を抑えるカバノアナタケお肌がツルツルになるカバノアナタケ石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶・カバノアナタケ石鹸販売末期癌患者がカバノアナタケで延命を果たした胃潰瘍の癌化を100%抑制したカバノアナタケ咽頭癌に効いたカバノアナタケの噴霧剤乾癬と内臓疾患を同時に抑えたカバノアナタケ子宮頸管の腫瘍細胞の成長を抑制するカバノアナタケカバノアナタケ人気の背景にあるロシアの医療事情西洋医学と自然医学が手を結ぶ21世紀の医療カバノアナタケはカバノキの樹木エキスを栄養源としているカバノアナタケの黒い塊は栄養の宝庫カバノアナタケ茶は何世紀にも渡って飲み継がれて来たカザフスタンでのチャーガ調査報告書カバノアナタケはサルノコシカケと親戚関係O-157から救うカバノアナタケ茶SOD様活性が高いカバノアナタケアレルギー性皮膚炎に効くカバノアナタケ免疫力が強いと細菌やウイルスが感染しないエイズ患者のエイズウイルスを消したカバノアナタケ茶カバノアナタケの有効成分や抗ガン作用が具体的に解明カバノアナタケとサルノコシカケは親戚関係ガンキラーのNK細胞の働きについてカバノアナタケから生成される色素メラニンカバノアナタケの抗オキシダント効果2カバノアナタケの抗オキシダント効果カバノアナタケの抗癌作用を実証した日本での研究カバノアナタケに秘められたパワーカバノアナタケの色素生成と酵素活性に対してカバノアナタケの特効成分カバノアナタケはエイズウィルスに対しても有効カバノアナタケはなぜガン細胞の働きを抑制カバノアナタケはなぜ免疫力を高めるのかカバノアナタケ特効の秘密を解く有効成分の数々メラニンには、強力な抗酸化作用があるメラニンはSODと並ぶ強力な抗酸化物質りグニン分画活性酸素はどのような原因で発生するのか活性酸素を除去するSODの正体癌撲滅への希望の研究癌免疫療法抗癌剤としてのカバノアナタケの展開抗酸化物質を多く含む食品高濃度の酸素のもとでは酸素が過激な酸素=活性酸素へと変身糖尿病の体質改善にカバノアナタケが一役毒をもって毒を制すカバノアナタケ免疫機構とガン細胞との戦い免疫部隊と癌細胞の戦い免疫力を高めるカバノアナタケ



    

有限会社ジェックス
〒651-1143 神戸市北区若葉台1丁目4番10号
TEL/FAX 078-593-3532(メールでご対応させて頂きます。)    メールアドレス:yfuji3@gmail.com
Copyright (C) 2016 JECS All Rights Reserved.