アレルギー性皮膚炎に効くカバノアナタケ

カバノアナタケ茶・石鹸

カバノアナタケ茶
カバノアナタケ石鹸
樺のあな茸茶
樺のあな茸石鹸

  

    

アレルギー性皮膚炎に効くカバノアナタケ


1 抗ガン・制ガン効果互りわけ消化器系のガンに有包
2 免疫力の強化作用
3 活性酸素除去作用(SOD様活性作用)
4 抗エイズウィルス作用
5 抗ィンフルエンザウィルス作用
6 O|157ゥィルス増殖抑制効果
7 糖尿病の予防と改善
8 高血圧の予防と改善
9 アレルギー疾患の予防と改善
10 慢性肝炎の予防と改善
11 慢性腎炎の予防と改善
他、慢性胃炎、胃潰瘍、胃腸の運動異常、慢性アトニー(無緊張症ぺ吐き気、十二指腸の運動異常などから体脂肪を落とすダィエット効果まで、カバノアナタケの特効は実に多彩。
さらにもう少し視野を広げ、きのこ全般に目を向けてみると、さらに多くの薬理効果を挙げることができる。



現時点で指摘されている「きのこの薬理効果」


●血糖降下作用
カバノアナタケにも認められた血糖降下作用。やはりその鍵を握っているのは多糖類である。

●強心作用
特に、霊芝(マンネンタケ)を水で抽出したエキスに強心作用があるという報告がある。

●血圧降下作用
やはり霊芝のエキスには、降圧、昇圧共に調節する成分が含まれ、昔から漢方事としても重宝されてきた。

●コレステロール除去作用
ラットの実験では、おなじみのシイタケに含まれるェりタデニンという成分に血中のコレステロールと中性脂肪を低下させる作用が認められている。
きのこには、血液の汚れをとってさらさらにする働きもあるのだ。

●抗血栓作用
特に、シイタケのなかに抗血栓活性が認められる物質が含まれている。

●抗ウイルス作用
カバノアナタケにェイズウイルスやインフルエンザを撃退するりグニン分画という成分が含まれていることは前に触れた通り。
さらに、シイタケの胞子からも抗ウイルス活性のある糖タンパク質の存在が報告されている。
また、きのこは全般に免疫力を強化する作用があるため、ウイルスに対する抵抗力を高めることができる。
実は、きのこ類を食べると、ウイルスの増殖を抑える物質が増えることが今までの研究からわかっている。
この物質は免疫細胞の白血球内で作られ、増えると免疫機構の働きが活発化してウィルスや細菌などの外敵の撃退に乗り出すのである。
つまり、シイタケやマィタケなどのきのこをたっぷりとれば、自然とウィルスへの抵抗力が高まり、インフルエンザにもかかりにくくなるのである。




現時点で指摘されている「きのこの薬理効果」-2


●痴呆症改善効果
現在、日本は高齢化社会へとまっしぐらに突き進んでいる。
そうなるとますます深刻化を免れないのがボケの問題。
ボケは脳血管性障害によるものとアルッハイマー型とに大別できるが、今後多くの家庭でこのボケの問題と何き合わざるを得なくなる。
実は、きのこはボケの特効食としても注目されている。
特に、ヤマブシタケに含まれるへリセノンDという脂肪酸化合物に痴呆を改善する作用がある。
脳の健康を保ち、若さを保つためにも、やっぱりきのこを摂るべきなのだ。

●肥満抑制効果
食物繊維の曳邑呈なきのこは、体の掃除係も買って出てくれるので、何かと都ムロがいい。
つまり、整腸作用にすぐれているのだ。たとえば便秘の問題。
きのこをたくさん食べると、体内を通過する際に食物繊維が不要な物質を取り込んで一緒に排出してくれる。これで、おなかはすっきり。
不要なものを速やかに排出すれば健康効果は高まり、さらに便秘が解消され
てダイエットも高まるなど、メリットはさまざまだ。

●食物繊維効果
食物繊維の整腸作用は、ガンの予防にも効果がある。
前の話と重なるが、その整腸作用により、悪玉コレステロールや発ガン物質などを吸着させて、腸の外に排出。
これにより、大腸ガン、直腸ガン、結腸ガンなど、消化器系のガンを予防できるというしくみだ。

●骨そしよぅ症の予防効果
きのこに含まれるエル・コステロールは、光照射と加熱によってビタミンD,に変化する性質がある。
このビタミンD,は骨そしょう症の予防改善に関与している。
年齢と共に骨はもろくなるが、骨の栄養のためにも、きのこは積極的に摂りたい。
このよぅに、きのこには書きつくせないほどの薬効がある,ほとんどの病気に対応できると言っても過言ではないだろう。
そして、カバノアナタケは、カバノアナタケ自体の特色ある薬効に加え、これらの薬効も多く兼ね備えている。
だからこそ、長くカバノアナタケを飲用してきたロシアやアイヌの人々は、健康で長寿をまっとうできたのである。
今後カバノアナタケの研究が進めば、これまでには報告されなかった夢のような薬効が発見される可能性もあるだろう。
ガンに対して、ェィズウイルスに対して、そして数々の難病に対して次々とパワーを見せつけていくカバノアナタケ。
しかし、私たちはまだカバノアナタケのすべてを知ったわけではない。
いったい他にどれほどの力を秘めているのか。
その真の正体がわかるまで、この不思議なきのこからまだまだ目が離せないだろう。



カバノアナタケ茶・石鹸販売


癌を抑えるカバノアナタケ茶・石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶販売カバノアナタケ茶(国際グラフに掲載)癌治療で力を見せ付けるカバノアナタケカバノアナタケ茶はアレルギー性皮膚炎や慢性肝炎・腎炎までも予防改善するカバノアナタケは糖尿病の血糖値を下げる癌を抑えるカバノアナタケお肌がツルツルになるカバノアナタケ石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶・カバノアナタケ石鹸販売末期癌患者がカバノアナタケで延命を果たした胃潰瘍の癌化を100%抑制したカバノアナタケ咽頭癌に効いたカバノアナタケの噴霧剤乾癬と内臓疾患を同時に抑えたカバノアナタケ子宮頸管の腫瘍細胞の成長を抑制するカバノアナタケカバノアナタケ人気の背景にあるロシアの医療事情西洋医学と自然医学が手を結ぶ21世紀の医療カバノアナタケはカバノキの樹木エキスを栄養源としているカバノアナタケの黒い塊は栄養の宝庫カバノアナタケ茶は何世紀にも渡って飲み継がれて来たカザフスタンでのチャーガ調査報告書カバノアナタケはサルノコシカケと親戚関係O-157から救うカバノアナタケ茶SOD様活性が高いカバノアナタケアレルギー性皮膚炎に効くカバノアナタケ免疫力が強いと細菌やウイルスが感染しないエイズ患者のエイズウイルスを消したカバノアナタケ茶カバノアナタケの有効成分や抗ガン作用が具体的に解明カバノアナタケとサルノコシカケは親戚関係ガンキラーのNK細胞の働きについてカバノアナタケから生成される色素メラニンカバノアナタケの抗オキシダント効果2カバノアナタケの抗オキシダント効果カバノアナタケの抗癌作用を実証した日本での研究カバノアナタケに秘められたパワーカバノアナタケの色素生成と酵素活性に対してカバノアナタケの特効成分カバノアナタケはエイズウィルスに対しても有効カバノアナタケはなぜガン細胞の働きを抑制カバノアナタケはなぜ免疫力を高めるのかカバノアナタケ特効の秘密を解く有効成分の数々メラニンには、強力な抗酸化作用があるメラニンはSODと並ぶ強力な抗酸化物質りグニン分画活性酸素はどのような原因で発生するのか活性酸素を除去するSODの正体癌撲滅への希望の研究癌免疫療法抗癌剤としてのカバノアナタケの展開抗酸化物質を多く含む食品高濃度の酸素のもとでは酸素が過激な酸素=活性酸素へと変身糖尿病の体質改善にカバノアナタケが一役毒をもって毒を制すカバノアナタケ免疫機構とガン細胞との戦い免疫部隊と癌細胞の戦い免疫力を高めるカバノアナタケ



    

有限会社ジェックス
〒651-1143 神戸市北区若葉台1丁目4番10号
TEL/FAX 078-593-3532(メールでご対応させて頂きます。)    
メールアドレス:yfuji3@gmail.com
Copyright (C) 2016 JECS All Rights Reserved.