×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カバノアナタケ茶は何世紀にも渡って飲み継がれて来た

カバノアナタケ茶・石鹸

カバノアナタケ茶
カバノアナタケ石鹸
樺のあな茸茶
樺のあな茸石鹸

  

    

カバノアナタケ茶は何世紀にも渡って飲み継がれて来た


カバノアナタケが寄生する木の高さは、ものによってさまざまである。

やっと見つけても数十メートルも高い場所にあって容易に採取できない場合も有るし、大人の膝くらいのカンタンに手を伸ばせるくらいの高さで見つかる場合もある。

それは、いかにも木に出来たコブのように見える。

このコブ、つまりカバノアナタケの菌核のサイズは10〜30センチ。

ぐっと接近してみると、表面は黒く、凹凸がたくさん有って縦横に亀裂が生じている。

触れると石炭のように硬くゴツゴツとした感触である。

大きなサイズのものは、重さもかなりあり、時には5キロほどにも達してしまう。

両手で持ち上げなければならない重さである。


なぜ黒い塊なのかというと、これは、カバノアナタケの主な部分を占める茶褐色の色素沈着の影響である。

このコブを幹からそぎ落とすと、剥き出しになった内部は黄褐色を帯びているのが確認できる。

樹皮下に広がっていた子実体、つまり植物の花に当たる部分は厚さ2〜8センチで、前面に小さな穴が並んでいる。

この子実体は、菌核がかなり大きくなり、幹との着生部のまわりの樹皮がはがれる頃に形成される。

時期的には、北海道では5月。

その後、子実体が成長すると、楕円形の淡黄色の胞子を形成するのである。

生殖器の役をする子実体から形成された胞子が放出されると、また繁殖が繰り返されていく。

見た目からは生物という印象はなかなか受けにくいが、確かにこの黒い塊は生きたキノコなのである。


カバノアナタケが古木を選んで寄生する


カバノアナタケが生成される原因は「樹皮の寄生菌の感染」と言われており、胞子が風に乗って飛散し、何らかの原因によって亀裂のある樹皮部に付着し胞子の発芽に適した諸条件が完全に満たされた場合にだけ成長をはじめる。

カバノアナタケが古木を選んで寄生するという話をしたが、若い木の場合は抵抗力があるため、寄生菌の感染を避けられるだろう。

やはり木も人間と同様に抵抗力が落ちると、病に侵され易くなる。

つまり、カバノアナタケという癌細胞にとりつかれて、病んでしまうのである。

 胞子が発芽して繁殖すると、カバノアナタケは何年にもわたって寄生し、樹木のエキスを吸い取りながら10年〜15年という年月をかけてだんだん大きなコブ状に拡大していく。

カバノアナタケのコブの形態は、樹皮の亀裂の具合に左右される。

多くの場合、コブの形は円形または亀裂に沿って伸びた形状になるようだ。

 カバノアナタケが樹木のエキスを吸い尽くし、木が死滅してしまうと、カバノアナタケの成長も事実上停止。

その後、幹の裏側には茶褐色のキノコの実が現れ、0.5〜1メートルの長さにうねうねと伸びる。

 当初キノコの実は樹皮の下のほうで発達し、キノコの端に沿って上部が平らな雄鶏のトサカ状に発達する。

キノコの実の熟成が停止し、胞子形成のプロセスが始まると、樹皮はトサカ状形成物の影響でひび割れて浮き上がり、子実体が初めて顔をのぞかせるのである。

最終的に、古いキノコの実は黒ずみ、培養基から脱落した角柱状部分がひび割れてしまう。

これが、だいたいのカバノアナタケの一生である。


カバノアナタケは何世紀にも渡って健康飲料として飲み継がれた


長い年月をかけて白樺の癌細胞はゆっくりと増殖し、寄生した樹木を乗っ取ってしまうのである。

たぶん、身体にいいキノコのことを知らずに実物のカバノアナタケを見たほとんどの人は、これをお茶にして飲んだり、食べるといった発想にはなかなかならないのであろう。

 しかし、ゴツゴツとした見た目に反して、煎じ茶を飲んでみると意外に口当たりは良く、漢方特有の苦味や癖などもほとんど気にならない。

カバノアナタケ茶が長い間飲み続けられて来た理由の一つは、この飲みやすさにもあるのだろう。

「カバノアナタケ茶を飲むと、何だか体の調子が良い。」

「カバノアナタケの薬酒を飲んでいたら血色が良くなり、風邪も引かなくなった。」

しかも、「かなり飲みやすい」となれば、放っておいても口コミで広がっていくだろう。

だからこそ、カバノアナタケは何世紀にも渡って健康飲料として飲み継がれ、今まで伝承されてきたのである。



カバノアナタケ茶・石鹸販売


癌を抑えるカバノアナタケ茶・石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶販売カバノアナタケ茶(国際グラフに掲載)癌治療で力を見せ付けるカバノアナタケカバノアナタケ茶はアレルギー性皮膚炎や慢性肝炎・腎炎までも予防改善するカバノアナタケは糖尿病の血糖値を下げる癌を抑えるカバノアナタケお肌がツルツルになるカバノアナタケ石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶・カバノアナタケ石鹸販売末期癌患者がカバノアナタケで延命を果たした胃潰瘍の癌化を100%抑制したカバノアナタケ咽頭癌に効いたカバノアナタケの噴霧剤乾癬と内臓疾患を同時に抑えたカバノアナタケ子宮頸管の腫瘍細胞の成長を抑制するカバノアナタケカバノアナタケ人気の背景にあるロシアの医療事情西洋医学と自然医学が手を結ぶ21世紀の医療カバノアナタケはカバノキの樹木エキスを栄養源としているカバノアナタケの黒い塊は栄養の宝庫カバノアナタケ茶は何世紀にも渡って飲み継がれて来たカザフスタンでのチャーガ調査報告書カバノアナタケはサルノコシカケと親戚関係O-157から救うカバノアナタケ茶SOD様活性が高いカバノアナタケアレルギー性皮膚炎に効くカバノアナタケ免疫力が強いと細菌やウイルスが感染しないエイズ患者のエイズウイルスを消したカバノアナタケ茶カバノアナタケの有効成分や抗ガン作用が具体的に解明カバノアナタケとサルノコシカケは親戚関係ガンキラーのNK細胞の働きについてカバノアナタケから生成される色素メラニンカバノアナタケの抗オキシダント効果2カバノアナタケの抗オキシダント効果カバノアナタケの抗癌作用を実証した日本での研究カバノアナタケに秘められたパワーカバノアナタケの色素生成と酵素活性に対してカバノアナタケの特効成分カバノアナタケはエイズウィルスに対しても有効カバノアナタケはなぜガン細胞の働きを抑制カバノアナタケはなぜ免疫力を高めるのかカバノアナタケ特効の秘密を解く有効成分の数々メラニンには、強力な抗酸化作用があるメラニンはSODと並ぶ強力な抗酸化物質りグニン分画活性酸素はどのような原因で発生するのか活性酸素を除去するSODの正体癌撲滅への希望の研究癌免疫療法抗癌剤としてのカバノアナタケの展開抗酸化物質を多く含む食品高濃度の酸素のもとでは酸素が過激な酸素=活性酸素へと変身糖尿病の体質改善にカバノアナタケが一役毒をもって毒を制すカバノアナタケ免疫機構とガン細胞との戦い免疫部隊と癌細胞の戦い免疫力を高めるカバノアナタケ



    

有限会社ジェックス
〒651-1143 神戸市北区若葉台1丁目4番10号
TEL/FAX 078-593-3532(メールでご対応させて頂きます。)    
メールアドレス:yfuji3@gmail.com
Copyright (C) 2016 JECS All Rights Reserved.