×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カバノアナタケはカバノキの樹木エキスを栄養源としている

カバノアナタケ茶・石鹸

カバノアナタケ茶
カバノアナタケ石鹸
樺のあな茸茶
樺のあな茸石鹸

  

    

カバノアナタケはカバノキの樹木エキスを栄養源としている


カバノアナタケは「幻のキノコ」とか「森のダイヤモンド」と称されるほど、昔から希少価値の高い珍しいきのこだった。

カバノアナタケが生育する地域に暮らしていたロシアのアレクサンドロフ郡の人々や、アイヌ民族などは、非常に幸運であったと言わざるを得ない。

というのも、彼らは、たまたま身辺に有ったきのこ、つまりカバノアナタケをお茶代わりに愛飲するうちに、知らず知らずのうちに長寿や健康に恵まれ、過酷な自然環境から守られてきたからである。

しかも、それは丸一日、山の中を探し回ってやっと一つ見つかる程度の、普通はなかなかお目にかかれないキノコだったのである。

神様は、厳寒の地に暮らす人々に大きなごほうびをくれたのでしょうか??

そのごほうびであるカバノアナタケは、特殊な環境だけを厳選して生育し、なにしろ極寒の地を好む。

寄生する樹木は、寒冷地だけに分布する白樺やダケカンパなどのカバノキ類にほぼ限定され、稀にカワラハンノキ、ナナカマド、カエデ、ブナ、ニレなどの生木に寄生することもある。




カバノアナタケの栄養源はカバノキの樹木エキス


北海道では、白樺、ウダイカンバ、ダケカンバの3種に寄生することが確認されている。

カバノアナタケの生育地は、大まかに言えば北半球の温帯全域。

特にカバノキの生える地帯の北部を好んで分布している。

たとえば、CIS諸国の北部および中部ヨーロッパ地帯、西シベリアなど。

最近はカバノアナタケ商品も世界中に出回っているが、代表的な原料生産地といえば、ウクライナのチェルニーギフ州、ベラルーシのミンクス州・ブレスト州、ロシアのレニングラード州、ボロネージ州、リーベック州、モルドヴァイ自治共和国などである。

カバノアナタケのもう一つの特性は、カバノキ類のなかでも古木を好むことです。

カバノキ類を代表する白樺は、高さ10〜20メートル、胸だか直径30〜40センチもある。

カバノアナタケは、そのなかでも熟成した人間で言えば初老に達した幹に寄生し、樹木のエキスを栄養分にしてだんだんと成長していくのである。



厳寒の地へカバノアナタケを探しに


カバノアナタケの採集は、当然のことながら危険を極める。

たとえば北海道の山奥にカバノアナタケを探しに行くとしよう。

そこでは「山親父」と言われる巨大なヒグマと出くわす危険性がある。

「ちょっときのこ採りへ」といった気軽さで出かけるのは自殺行為といっても過言ではないのです。

そこでどうするかというと、ヒグマの冬眠している冬の間をねらい、山に入る。

もし、このタイミングを逃がしたら、カバノアナタケの採集はもう1年先延ばしにしなくてはならない。

そして、山に精通した人間でなければ、雪山に入ってカバノアナタケを探すことは出来ない。

もし、うまく山に入れたとしても、必ずカバノアナタケが見つかる保証はない。

やっと、見つかったとしても、カバノアナタケの発育が十分でないことも少なくは無いのです。


 付け加えれば、収集作業員でもカバノアナタケと他のキノコと間違えて採集してしまう場合も有るという。

よく間違えるのは、サルノコシカケ類のキコブタケ、ニセホクチタケなど。

じっくり観察すれば実の上部のふくらみなどに違いが見つかる。

一見してよく似ているので、うっかり手を伸ばしてしまうそうだ。


ともかく、カバノアナタケの採集を成功させるまでには、いくつもの難関を通り抜けなければならない。




カバノアナタケ茶・石鹸販売


カバノアナタケと同様にカバノアナタケを採集できる人間も希少価値で、容易に見つからないのである。

白樺林でカバノアナタケを見つけることは、どの地域においても至難の業なのである。

こうしてめぐり合ったカバノアナタケの採集法ですが、例の黒い塊を斧を使って木の幹から削ぎ落とす。

もちろん、手だけで取り除こうとしても無理。

削ぎ落としたら、今度は不要な部分を排除する作業へ移る。

柔らかく明るい色味の部分と、白樺の樹皮、木質部の残りを取り除き、表面部と硬い中間部だけを残す。

古く大きくなりすぎたカバノアナタケ、寄生した樹木がすでに枯れてしまったカバノアナタケは原料として不適切なので、採集する前に、あらかじめ形状や木の状態をチェックしておく必要が有る。

不要な部分を除いたら、次は乾燥。

通常は、カバノアナタケを砕いたあと、50ないし60℃の乾燥器か乾燥炉で乾かすが、夏季の晴れた天候の下では、屋根裏や換気の良い部屋にばらまき広げておけばよい。

カバノアナタケの採集は年間を通していつでも出来るが、やはり基本的に木の葉が無い時期に、つまり晩秋、冬、初春がベストである。

木の葉が有ると、それが邪魔してカバノアナタケ探しがますます困難を極めるので、採集のタイミングは重要である。


※米山誠農学博士の著書「癌を消す幻の茸チャーガ」を転記させて頂きました。


癌を抑えるカバノアナタケ茶・石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶販売カバノアナタケ茶(国際グラフに掲載)癌治療で力を見せ付けるカバノアナタケカバノアナタケ茶はアレルギー性皮膚炎や慢性肝炎・腎炎までも予防改善するカバノアナタケは糖尿病の血糖値を下げる癌を抑えるカバノアナタケお肌がツルツルになるカバノアナタケ石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶・カバノアナタケ石鹸販売末期癌患者がカバノアナタケで延命を果たした胃潰瘍の癌化を100%抑制したカバノアナタケ咽頭癌に効いたカバノアナタケの噴霧剤乾癬と内臓疾患を同時に抑えたカバノアナタケ子宮頸管の腫瘍細胞の成長を抑制するカバノアナタケカバノアナタケ人気の背景にあるロシアの医療事情西洋医学と自然医学が手を結ぶ21世紀の医療カバノアナタケはカバノキの樹木エキスを栄養源としているカバノアナタケの黒い塊は栄養の宝庫カバノアナタケ茶は何世紀にも渡って飲み継がれて来たカザフスタンでのチャーガ調査報告書カバノアナタケはサルノコシカケと親戚関係O-157から救うカバノアナタケ茶SOD様活性が高いカバノアナタケアレルギー性皮膚炎に効くカバノアナタケ免疫力が強いと細菌やウイルスが感染しないエイズ患者のエイズウイルスを消したカバノアナタケ茶カバノアナタケの有効成分や抗ガン作用が具体的に解明カバノアナタケとサルノコシカケは親戚関係ガンキラーのNK細胞の働きについてカバノアナタケから生成される色素メラニンカバノアナタケの抗オキシダント効果2カバノアナタケの抗オキシダント効果カバノアナタケの抗癌作用を実証した日本での研究カバノアナタケに秘められたパワーカバノアナタケの色素生成と酵素活性に対してカバノアナタケの特効成分カバノアナタケはエイズウィルスに対しても有効カバノアナタケはなぜガン細胞の働きを抑制カバノアナタケはなぜ免疫力を高めるのかカバノアナタケ特効の秘密を解く有効成分の数々メラニンには、強力な抗酸化作用があるメラニンはSODと並ぶ強力な抗酸化物質りグニン分画活性酸素はどのような原因で発生するのか活性酸素を除去するSODの正体癌撲滅への希望の研究癌免疫療法抗癌剤としてのカバノアナタケの展開抗酸化物質を多く含む食品高濃度の酸素のもとでは酸素が過激な酸素=活性酸素へと変身糖尿病の体質改善にカバノアナタケが一役毒をもって毒を制すカバノアナタケ免疫機構とガン細胞との戦い免疫部隊と癌細胞の戦い免疫力を高めるカバノアナタケ
    

有限会社ジェックス
〒651-1143 神戸市北区若葉台1丁目4番10号
TEL/FAX 078-593-3532(メールでご対応させて頂きます。)    
メールアドレス:yfuji3@gmail.com
Copyright (C) 2016 JECS All Rights Reserved.