×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

癌を抑えるカバノアナタケ

癌を抑えるカバノアナタケ茶と石鹸

カバノアナタケ茶
カバノアナタケ石鹸
樺のあな茸茶
樺のあな茸石鹸

  

    

チャーガ(カバノアナタケ)とは


チャーガは、シベリアに原生する白樺に生えるキノコです。

和名をカバノアナタケと言います。

またシベリア霊芝とも呼ばれています。

チャーガは、シベリアの一部の地域で癌予防に良いと古くから知られていました。

日本では北海道のアイヌ民族の間でも同じようにカバノアナタケとして使用されてきました。


☆☆ロシアの末期ガン治療に対する臨床報告

チャーガはロシアの農民に飲み続けられ、その結果ガンから救われてきた。という事実に基づき多くの患者が『自然治癒力』に強い関心を持っていた事が最近になってよく分かってきました。

この自然治癒力を高めて癌を治療するという考え方が、最近ではアメリカの知的レベルの高い人々に評価される代替治療として、広く認識されています。

ロシアではチャーガの西洋医学的手法での研究が、1950年から始められ、数多くの研究報告が発表されています。
そして、末期癌患者について、近年癌医療の最前線でも広く報告されています。



癌を防ぐチャーガの臨床研究





現在、ロシアでは医療用のチャーガの製剤も開発されています。そして、臨床的にも多くの病院で腫瘍や生活習慣病の患者に使用されています。
その治療結果はきわめて良好と評価されています。

日本での研究でも、チャーガは有効成分の多糖体が、他のキノコの仲間であるアガリスクのそれと比較して、非常に抗酸化力が強力であることが明らかにされています。

静岡大学のグループがチャーガの抗癌効果だけでなく、慢性胃炎胃潰瘍、さらには肝臓病消化器の疾患、あるいは動脈硬化神経痛リウマチなどにも、改善効果が著しいことを確認しています。

また、鈴鹿医療科学大学の報告によると、チャーガはインフルエンザ肝炎さらには糖尿病高血圧の治療効果が高いことが分かってきました。

カバノアナタケは糖尿病の血糖値を下げる

カバノアナタケ茶はアレルギー性皮膚炎や慢性肝炎・腎炎までも予防改善する



チャーガはなぜ癌を防ぐのか


1983年になって国立癌センター研究所の池川哲郎博士と東京大学薬学部の柴田承二教授らが次のように報告しました。
「私たちに本来備わっている免疫システムをキノコ類に含まれるβグルカンが活性化して、間接的に癌細胞の増殖を阻止する。」

西洋医学のガン治療は直接ガン細胞を攻撃する抗ガン剤を使用しますが、それは同時に正常な細胞も傷つけます。
そのため、副作用として脱毛や吐き気、苦痛を引き起こします。

免疫システムを活性化する実験は、マウスに癌細胞を植え付け、各種のキノコがそれぞれどの程度癌細胞の成長を抑える効果が有るかを調べました。
そして、これらのキノコの成分は「 多糖体」にあるらしいということを明らかにしたのです。

この 多糖体はβグルカンの仲間で、各キノコによってそれぞれ構造や作用が違っているのです。

チャーガについて、それらの抗酸化力を比較してみると、チャーガがダントツに協力であることが分かりました。

つまりカバノアナタケは活性酸素の中で最も強力な活性をもつスーパーオキシドを消してくれる酵素活性が、他の良く知られているキノコと比較して、いかに高単位であるかを示したのです。(アガリスクの23倍)

活性酸素は免疫力を低下させる


活性酸素は生活習慣病や慢性疾患の90%に誘発する原因となることが、1954年ネブラスカ大学教授D・ハーマン博士によって発表されました。

私たちは呼吸によって空気中にある酸素を取り入れています。
この利用した酸素の2〜4%が活性の強い有害な酸素に変わって、細胞を傷つけ、老化を促進し、ガンや生活習慣病、シミやしわの誘発原因となることが分かってきたのです。

それが活性酸素だと理解されてきたのはごく最近のことです。

この活性酸素は、さらに血液をドロドロにし、また腸内細菌の善玉菌を抑え悪玉菌を増やす働きが強く、その結果腸の免疫力を低下させることも分かってきたのです。

カバノアナタケの強力な抗酸化力は、それらを抑え腸を正常化し、免疫力を高める働きの有る事が理論的にも解明されてきました。



 ※このページは京都大学医学部卒業久郷晴彦薬学博士の著書『癌阻止率が高い臨床評価』を転記させて頂きました。


癌を抑えるカバノアナタケ茶・石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶販売カバノアナタケ茶(国際グラフに掲載)癌治療で力を見せ付けるカバノアナタケカバノアナタケ茶はアレルギー性皮膚炎や慢性肝炎・腎炎までも予防改善するカバノアナタケは糖尿病の血糖値を下げる癌を抑えるカバノアナタケお肌がツルツルになるカバノアナタケ石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶・カバノアナタケ石鹸販売末期癌患者がカバノアナタケで延命を果たした胃潰瘍の癌化を100%抑制したカバノアナタケ咽頭癌に効いたカバノアナタケの噴霧剤乾癬と内臓疾患を同時に抑えたカバノアナタケ子宮頸管の腫瘍細胞の成長を抑制するカバノアナタケカバノアナタケ人気の背景にあるロシアの医療事情西洋医学と自然医学が手を結ぶ21世紀の医療カバノアナタケはカバノキの樹木エキスを栄養源としているカバノアナタケの黒い塊は栄養の宝庫カバノアナタケ茶は何世紀にも渡って飲み継がれて来たカザフスタンでのチャーガ調査報告書カバノアナタケはサルノコシカケと親戚関係O-157から救うカバノアナタケ茶SOD様活性が高いカバノアナタケアレルギー性皮膚炎に効くカバノアナタケ免疫力が強いと細菌やウイルスが感染しないエイズ患者のエイズウイルスを消したカバノアナタケ茶カバノアナタケの有効成分や抗ガン作用が具体的に解明カバノアナタケとサルノコシカケは親戚関係ガンキラーのNK細胞の働きについてカバノアナタケから生成される色素メラニンカバノアナタケの抗オキシダント効果2カバノアナタケの抗オキシダント効果カバノアナタケの抗癌作用を実証した日本での研究カバノアナタケに秘められたパワーカバノアナタケの色素生成と酵素活性に対してカバノアナタケの特効成分カバノアナタケはエイズウィルスに対しても有効カバノアナタケはなぜガン細胞の働きを抑制カバノアナタケはなぜ免疫力を高めるのかカバノアナタケ特効の秘密を解く有効成分の数々メラニンには、強力な抗酸化作用があるメラニンはSODと並ぶ強力な抗酸化物質りグニン分画活性酸素はどのような原因で発生するのか活性酸素を除去するSODの正体癌撲滅への希望の研究癌免疫療法抗癌剤としてのカバノアナタケの展開抗酸化物質を多く含む食品高濃度の酸素のもとでは酸素が過激な酸素=活性酸素へと変身糖尿病の体質改善にカバノアナタケが一役毒をもって毒を制すカバノアナタケ免疫機構とガン細胞との戦い免疫部隊と癌細胞の戦い免疫力を高めるカバノアナタケ
    

有限会社ジェックス
〒651-1143 神戸市北区若葉台1丁目4番10号
TEL/FAX 078-593-3532(メールでご対応させて頂きます。)    
メールアドレス:yfuji3@gmail.com
Copyright (C) 2016 JECS All Rights Reserved.