×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

    

O-157から救うチャーガ

チャーガ茶・石鹸

チャーガ茶
カバノアナタケ石鹸
樺のあな茸茶
樺のあな茸石鹸

  

    


O-157から救うチャーガ


チャーガの細菌に対する有効性についてはどうだろうか。

エイズやインフルエンザの患者が実際にチャーガで快方に向かったとなれば、細菌という脅威に対しても力を発揮できるのではないか。

そんな期待感も高まっていく。

サラダメロンの佐久間氏は、その点にもさっそく目をつけ、ある実験に臨んだ。

チャーガから抽出したエキスを調整し、数種類の病原性細菌に対して抗菌活性を調べる。

対象となった細菌は、平成8年に日本中を恐怖に陥れたO-157、そしてメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、肺炎桿菌、緑膿菌、黄色ブドウ球菌、枯草菌、ガス壊疸菌の7種類。

これらの細菌を寒天培地などに植えつけ、そこにチャーガエキスを加えて細菌の発育をどの程度の濃度で阻止出来るかの「最小濃度」を求める。

その結果、0-157の菌の発育は、10000ppmの濃度で完全阻止できることがわかった。

またMRSAについては、50000ppmの濃度で完全阻止、という結果が出ている。

他の細菌に対する効果については、肺炎桿菌がl0000ppm、緑濃菌が5000 ppm、黄色ブドウ球菌が5000ppm、枯草菌が10000ppm、ガス壊疽菌が26000ppmで、数値にかなり幅があるものの、いずれもチャーガエキスでの完全阻止は可能であった。

同様の方法で、マイタケとシイタケから抽出したエキスがO-157の細菌に対してどのように作用するかの実験も行っている。

結果、いくらマイタケやシイタケのエキスの濃度を上げても発育阻止効果は得られなかった。

つまり、チャーガエキスには、他のきのこにはない細菌への攻撃力が備わっていると言える。


チャーガエキスが確かな抗ガン作用

チャーガの抗癌作用を実証した



カバノアナタケ茶・石鹸販売


癌を抑えるカバノアナタケ茶・石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶販売お肌がツルツルになるカバノアナタケ石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶・カバノアナタケ石鹸販売チャーガの抗癌作用を実証した日本での研究チャーガはなぜ免疫力を高めるのかチャーガはなぜガン細胞の働きを抑制したり消滅させることができるのかチャーガにはガン因子などを抑える驚くべきパワーが潜んでいるアレルギー性皮膚炎に効くチャーガO-157から救うチャーガSOD様活性が高いチャーガエイズ患者がチャーガで改善チャーガから生成される色素メラニンチャーガの抗オキシダント効果2解明されたチャーガの抗オキシダント効果チャーガの黒いコブに詰め込まれたエキスチャーガの色素生成と酵素活性に対してチャーガの特効成分チャーガはエイズウィルスに対しても有効抗癌剤としてのチャーガの展開糖尿病の体質改善にチャーガが一役毒をもって毒を制すチャーガ免疫力を高めるチャーガ



    

    有限会社ジェックス
    〒651-1143 神戸市北区若葉台1丁目4番10号
    TEL/FAX 078-593-3532(メールでご対応させて頂きます。)   
 メールアドレス:yfuji3@gmail.com
Copyright (C) 2016 JECS All Rights Reserved.