チャーガにはガン因子などを抑える驚くべきパワーが潜んでいる

チャーガ茶・石鹸

チャーガ茶
カバノアナタケ石鹸
樺のあな茸茶
樺のあな茸石鹸

  

    

チャーガにはガン因子などを抑える驚くべきパワーが潜んでいる


チャーガ特効の秘密を解く有効成分の数々

チャーガにはガン因子などを抑える驚くべきパワーが潜んでいる。

その秘密を探るために、あの黒いコブに詰め込まれた薬効成分について詳しく見ていくことにしよう。

ロシアから届けられた研究レポートのなかには、チャーガの化学構成に関する詳細な報告もあった。

チャーガの薬効の秘密を知る重要な手がかりとして、翻訳文では次のように報告されている。



チャーガの主な生物学的活性物質は色原体ポりフェノール複合体


原料には、25.7〜44.8%の抽出可能な物質が含まれている。

チャーガの主な生物学的活性物質は、色原体ポりフェノール複合体(活性フェノール性アルデヒド、ポリフェノール、酸化フェノールとそのキノンの化学的複合体)で形成された水溶性の濃厚な染色素(色原体)である。

また、色原体の複合体から、グルコース、ガラクトーズ、キシロースなどに分析できるフミンに似た物質が析出する。

すべての化合物は、白樺樹液のタンニンと白樺木質部のりグニンから生ムロ成された酸化芳香族先駆物質と発生的結びつきがある。

色原体の複合体の含有率は、抽出物の乾燥させた痕跡において50.1〜88.6%である。

ガス液体クロマトグラフィー法による色原体ポリフェノール複ムロ体の酸性化水分解後、P-クレゾール、ピロカテキン、ハイドロキノン、レゾルシン、α-ナフトールなど、各フェノールが明確になった。

その他、チャーガのコブには、修酸、蟻酸、酢酸、酪酸などの酸やバニリン酸、擬似酸化ベンゾイン、ライラック酸、ピロカテキン酸、ピロガロールなどの芳香族酸、またトリテルペノイドのうち2種類のトリテルベン酸、とその他のトりテルベノイドが測定された。

正常な構造の高度脂肪酸が存在し、またイソ構成の酸が初めて明確となった。



チャーガ特効の秘密を解く有効成分の数々


この他、遊離フヱノール、多糖類、プテリン、リグニン、細胞組織、またエルゴステりン、ラノステリン、などステリン、樹脂なども存在する。

チヤーガから、アビゲニン、ナりンゲニン、モリン、のようなフラボノイドも得られた。

また、これらフラボノイドは、色原体の複合体の構成内にある。

チャーガのコブには、12.3%以下のゾルを含み、その中にはSiO2,Fe2O3などの酸化物がある。

マンガンも多く含有されている。

カリウムが多く含有されていることは、チヤーガの高い放射性を示す。

他のデータによれば、チャーガにはB,Mg,Al,Si,P,K,Ca,Ti,Va,Cr,Mn,Fe,Co,Ni,Cu,Zn,As,Sr,Zi,Mo,Au,Sn,Ba,Pbが含まれている」となっている。



カバノアナタケ茶・石鹸販売


癌を抑えるカバノアナタケ茶・石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶販売お肌がツルツルになるカバノアナタケ石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶・カバノアナタケ石鹸販売チャーガの抗癌作用を実証した日本での研究チャーガはなぜ免疫力を高めるのかチャーガはなぜガン細胞の働きを抑制したり消滅させることができるのかチャーガにはガン因子などを抑える驚くべきパワーが潜んでいるアレルギー性皮膚炎に効くチャーガO-157から救うチャーガSOD様活性が高いチャーガエイズ患者がチャーガで改善チャーガから生成される色素メラニンチャーガの抗オキシダント効果2解明されたチャーガの抗オキシダント効果チャーガの黒いコブに詰め込まれたエキスチャーガの色素生成と酵素活性に対してチャーガの特効成分チャーガはエイズウィルスに対しても有効抗癌剤としてのチャーガの展開糖尿病の体質改善にチャーガが一役毒をもって毒を制すチャーガ免疫力を高めるチャーガ



    

有限会社ジェックス
〒651-1143 神戸市北区若葉台1丁目4番10号
TEL/FAX 078-593-3532(メールでご対応させて頂きます。)    
メールアドレス:yfuji3@gmail.com
Copyright (C) 2016 JECS All Rights Reserved.