チャーガはなぜガン細胞の働きを抑制したり消滅させることができるのか

チャーガ茶・石鹸

チャーガ茶
カバノアナタケ石鹸
樺のあな茸茶
樺のあな茸石鹸

  

    

チャーガはなぜガン細胞の働きを抑制したり消滅させることができるのか


チャーガはなぜガン細胞の働きを抑制したり、消滅させることができるのか。

その理由をごく簡単に述べれば、このきのこには自らの力で身体を修復するための「免疫力」を高めたり、活性酸素を除去する成分がたっぷり含まれているからなのだ。


活性酸素は今医学界でも大変注目されており、健康を語るうえでもはや欠かせない存在となっている。

最近の研究では、病原菌以外の病気の9割はこの活性酸素が原因だと言われているのである。

ガンをはじめ、心筋梗塞や脳血管障害、糖尿病、肝炎、痴呆など数々の疾患も活性酸素と少なからず関わりがあるというのである。

といっても、活性酸素の存在が広く知られるようになったのは80年代に入ってからのこと。

歴史をたどってみると、そもそもの発端は1956年。

アメリ力のネブラスカ大学教授のD・ハーマン博士が「ガンや動脈硬化などの生活習慣病(成人病)は、活性酸素と深く関わっている」と発表。

その後の展開を考えると、これは偉大な発見であった。



体内でエネルギー代謝が起こる過程で活性酸素が発生する


980年になると、アメりカのオークりッジ研究所のトッター博士が「人間の偶発ガンは、活性酸素で起こる」と発表し、その存在がにわかにクローズアップされるようになったのである。

活性酸素は数十年の間にすっかり有名になってしまい、今では多くの人が「体に有害なもの」と認識しているはずである。

では、活性酸素とは、いったいどんなものなのか。

言うまでもなく、酸素は人間が生きていくうえで欠かせない物質である。

呼吸をして酸素を取り入れると、そのほとんどはエネルギーとして活用される。

ところが、体内でエネルギー代謝が起こる過程で活性酸素が発生する。

あるいは、過剰なストレスが生じたり、皮膚に紫外線が当たった際にも発生するし、タバコや電磁波なども発生原因となる。

稀に食べものから取り込んでしまうこともある。

こうしてできた活性酸素が体内で悪さをする。

人間の細胞組織や皮膚に攻撃をしかけ、さまざまな障害を与えるのである。



21世紀の医学の最大のテーマは活性酸素対策である


おどかすわけではないが、活性酸素が発生する割合は、年齢を重ねるほど高くなっていく。

そこで、年齢が高くなればなるほど、活性酸素の害を意識して、個々に対策を講じるべきなのである。

ただし断っておくが、活性酸素は単なる悪者なのではない。

体内で悪さをする一方で、体内に侵入した病原菌や有害物質を退治するという一面も合わせ持っているのだ。

つまり、いてもらっては困るが、いなくてもやっぱり困るという、人間にとって非常に頭の痛い存在なのである。

21世紀の医学の最大のテーマは、この活性酸素対策と言っても過言ではない。



カバノアナタケ茶・石鹸販売


癌を抑えるカバノアナタケ茶・石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶販売お肌がツルツルになるカバノアナタケ石鹸癌を抑えるカバノアナタケ茶・カバノアナタケ石鹸販売チャーガの抗癌作用を実証した日本での研究チャーガはなぜ免疫力を高めるのかチャーガはなぜガン細胞の働きを抑制したり消滅させることができるのかチャーガにはガン因子などを抑える驚くべきパワーが潜んでいるアレルギー性皮膚炎に効くチャーガO-157から救うチャーガSOD様活性が高いチャーガエイズ患者がチャーガで改善チャーガから生成される色素メラニンチャーガの抗オキシダント効果2解明されたチャーガの抗オキシダント効果チャーガの黒いコブに詰め込まれたエキスチャーガの色素生成と酵素活性に対してチャーガの特効成分チャーガはエイズウィルスに対しても有効抗癌剤としてのチャーガの展開糖尿病の体質改善にチャーガが一役毒をもって毒を制すチャーガ免疫力を高めるチャーガ


    

有限会社ジェックス
〒651-1143 神戸市北区若葉台1丁目4番10号
TEL/FAX 078-593-3532(メールでご対応させて頂きます。)   
 メールアドレス:yfuji3@gmail.com
Copyright (C) 2016 JECS All Rights Reserved.